<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2007・9・3 転院日,決まる。

リハビリ病院への転院手続の件で,なんだかんだで,朝9時に病院へ出向く羽目に。これも,主治医が頼りないせい。

とりあえず,8時に起きて,バナナとミルクだけお腹に入れて,病院へ。

主治医が見あたらなかったので,昨夜からよく事情をわかっている看護師さんに,主治医に問い合せをしてもらう。


こんな時間に病室にきたのは,初めてかな。9時過ぎに病室に入ると,父はちょっと驚いていたが,急に,「そうそう。ママが行方不明で大変なんだ」と言う。「夢ちがう?さっき,家にいたよ」と言っても,「夢かなぁ。。。心配だなぁ」と不信そうな顔。それは不安な夢を見たもんだ。

看護師さんがやってきて,「10時半からリハビリありますからね」と言うと,たちまち,父の顔がこわばる。この病院の父の担当の療法士さんは,若い女性だけど,結構きつくて,スパルタなのだ。まぁ,優しくばかりしていては,リハビリにはならないのだろうけど。ともかく,「リハビリ」と言われると,顔が変わる。これはもう,パブロフの犬だな・・・・・


ベッド脇には洗濯モノの山。ううむ・・・持ち帰って洗濯してもいいが,暇だから,コインランドリーで洗ってしまおうか。洗って乾かすと300円かかるけどね。

そうしてる間に,別の看護師さんが,「身体を拭いて,お着替えしましょうね」とやってくる。また洗濯物が増える。やっぱし,まとめて一気に洗うコトに決定。

今朝の父は,36,9℃。ちょっと高めだな。。。「午後から熱が上がるかも」と看護師さん。ううむ。


洗濯物を回しだしたところで,父のリハビリ開始。あとから1階のリハビリ室へ行ってみる。なんだか・・・思ったよりも,結構ヘビーなコトさせているなぁ。バーの間に立たせて,歩かせようとしている。。。

30分ぐらいみっちりリハビリをされて,父は解放された。車椅子を押して病室へ戻りながら,「しんどかったか?」と聞くと,「しんどいねぇ」と父。車椅子を押すと,1ヶ月半ぐらい洗っていない父の頭は,さすがに匂う。

部屋へ戻る前に,公衆電話があったので,家に電話をして母の声を聞かせるコトにした。突然かけたので,母もビックリしていたが,父はほとんど自分からは話さずに,「うん」とか「いや,大丈夫」とか返事しながら,嬉しそうな横顔で,一生懸命,母の声を聞いていた。

最初に,「ママが行方不明になったから,心配なんだって」とワタシが言ってから父にかわったので,受話器の向こうから,母の笑い声と「大丈夫です。安心してください」と,母が言っているのが漏れ聞こえてきた。


すぐに電話は切ったが,「どう?安心したやろう?」というと,父は笑いながら,「安心した」と言った。

ふかふかの洗濯物を棚にしまう。長袖のシャツが1枚混ざっている。半袖を着せて欲しくて,長袖は隠すように置いていたのに・・・これじゃ,暑いはずだよ・・・


昼前,看護師さんがやってきて,「転院はあさっての午前10時に決まりましたから」と言われる。今朝,朝いちで主治医がベッド調整を依頼してくれたらしいのだが,これまた早いなぁ。先週,これをちゃんとやってくれていたら,週末には転院できていただろうに。それを期待して,残りの夏休み,ぎりぎりまで待って,今日1日取っていたのに。。。あさっては,もう,他の人が休みを取ってしまったから,休むコトはできないだろう。転院の日は,父がまた,不穏にならないように,休みをとって,なるべく長い時間つきそいたかったのに。。。

まぁ,済んだコトはしかたがない。なんだか,いろんなコトがうまく回らなかった,というだけのコトだ。


昼食の配膳が済んで,だいぶ経っても,父の栄養は来なかった。父のお腹がぐうぐう鳴るのが聞こえる。

ふいに,「あぁ,美味しいモノが食べたいなぁ」と父が大声で言った。出た・・・久々だ・・・(汗)。「・・・ううん・・・」と生返事をしていると,「焼きうどん。それか,UFOでもいいから,焼きそば」と,また言う。

「パパ,やっぱり当分は無理やで。せっかくむせなくて,ちゃんと栄養が身体に入るようになったんやから・・・」と言っても,父はもう,ちょっと前のコトを忘れてしまっているのだ。どんどん食事が,細かくなり,どろどろのミキサー食になったコトも,それすら咽せて,咳き込んで,苦しい思いをして食べたコトも。それでも肺炎になって,高熱が続いたりしたコトも。

たしかに,今は,食べないから咽せないし,痰もでない。喉も肺もゼロゼロ言っていない。治ったから,もう大丈夫,と思うのだろう。思っても不思議じゃないと思う。

「どうにかならないのかな」と,父は言った。どうにかならないのかな。返事ができなかった。


とりあえず,空腹だと余計に食べ物のことを考える。お腹から看護師さんが注入してくれた時は,ホッとした。でも,父には,やはり,ちゃんと自分の身体の状態を把握してもらうべきなのだろうな。でも,それは・・・なんだかとても・・・・難しいコトだな。


注入のあと,父が目を閉じている時,いちおう,転院のコトを言っておこうと思い,「あさっての朝,リハビリ病院へ戻るからね」と言った。「僕ひとりで?」と聞くので,「いや,○○(弟)が朝きて,車椅子で連れていくから大丈夫。パパはなんも心配いらん」と言う。弟は何度も転院を1人でやってくれているので,ワタシよりもよほど慣れていると思う。ただ,父が落ち着いた(と思ったら),さっさと帰ってきてしまうけれど。。。

それでも父は不安なようで,「そもそも,ここには,なんで来たのだっけ?」などと聞く。「だから・・・口から食べるのが危なくなったから,お腹に口をつくる手術のために・・・」「え??手術??」「いや,手術といっても,胃カメラみたいなので・・・」「ふぅん・・・」


短期記憶が怪しいのは,認知症の症状だと思うけれど,ホント,大丈夫かなぁ。。。今までの流れが,父のなかでは,細切れになってしまっているようだ。そりゃ,不安だろうと思う。認知症っていうのは・・・ほんとに,絶えず不安のなかにいるようなものなんだろうな。ワタシは・・・どうすりゃいいんだろう。


今日はさすがに疲れた。もっと居てやりたいのは山々だけど,自分の身体を守るのは,自分しかない。ってコトで,2時に帰るコトにした。父は,午後から37℃ちょっと熱があがってきて,「なんとなくしんどい」と,大人しくなった。心配だけど・・・・しかたない。ここは,病院だもの,と言い聞かせて,病室を出る。
[PR]
by rompop | 2007-09-03 17:02 | ホスピタル

2007・9・2 苛立ち。

それにしても,休みの日に限って,どうしてこんなに身体がだるいのだろう。だらだら朝寝するせいかな。それとも,緊張がとけて,いっきに疲れが出るせいだろうか。めっちゃ,不調。


それでも,日曜日は面会客が多くて,父も淋しいだろうと思い,少しだけ早めに行くことにした。駅前にできた,いつも行列ができているたこ焼き屋で,たこ焼きを買って,病院のロビーでささっと食べて,お茶をしこたま飲んでから,病室へ。父の前では,絶対飲めないもんなぁ。

父は,37,3℃の微熱あり。氷枕はしていないが・・・背中も首筋も脇腹も,結構熱い。この熱だけは,なんとかならないかなぁ・・・

シーツと密着している背中の部分が,ものすごく汗で湿っているので,できたら着替えさせてもらいたいぐらい。でも,熱があるときは,着替えも辛いからなぁ・・・と,考えていると,看護師さんがやってきたので,相談。

とりあえず,協力して父の身体を横にし,背中のしたにバスタオルを敷き,父の背中と肌着の間に,タオルをはさんでみた。これで,ちょっとマシかもしれない。父は結構,迷惑そうにしていたが。。。


熱があるときは,しんどいだろうから,あれこれ話しかけたり,新聞を読ませたりしようとせず,おとなしく横で本を読む。ときどき,頃合いを見計らっては,ヒゲをそったり,おしぼりで顔を拭いたり,水虫の薬をすばやく塗ったり。あとはもう・・・することは,たいしてない。


昨日はあんなにウンコが出たのに,今日は全然。そりゃそうか。そのかわり,今日はオシッコがよく出て,ワタシがいる間に,2度ほど「オシッコが出た」と申告があったので,オムツを替えた。尿なら,交換はそんなに難しくはない。ただ,いつの間にか,夜用のオープンタイプではなく,シャーリングの履かせるタイプのオムツになっていたので,ちょっと苦労した。父に何度もお尻を持ち上げさせ,疲れさせてしまった。尿取りパッドをたくさん使った。


ちょっと不安をカンジていたのだが,火曜の夜に転院手続きに入るといっていた主治医が,不慣れなためか,なんだか回りくどい手続を取ったせいで,あちらの病院のベッド調整までこぎつけていないコトが今夜,判明。看護師さんのほうが,ちゃんとわかっているようなコトを,主治医はよく知らなかったよう。


腹もたつし,イライラするが,不安を感じながらも,その後確認もせず,ただ返事を待っていただけのワタシも悪い。ホント,教訓だ。どんなコトでも,人間のやるコトには,ミスがある。だから,不安があったら,すぐに自分から確認するなり,催促するなり,アクションを起こすべきなのだ。まったくもう・・・・・

リハビリ病院の残り期間の関係もあるので,戻れるならさっさと手際よく戻りたかったのに。まぁ,済んだコトを後悔してもしかたないので,忘れよう。


しかし,今回の主治医に関しては,一生懸命やってくれているとは思いたいのだが,なんだか頼りないなぁ,と思うコトが再三あり,もう,ワタシ的には信頼はほぼゼロだ。人間的に・・・というのでは決してないけど,「医者」として。若いから,経験がないから・・・しかたないのか?でも,こっちは大事な親を全面的に預けてるんだからね。


ベッド脇での,主治医と看護師,ワタシのやり取りを聞いていた父が,「・・・むずかしい話になってるの?」と心配そうに聞く。ワタシがずっと怖い顔をして考え込んでいたものだから。

「リハビリ病院に戻る日が,まだ決まらないだけ」と誤魔化したが,父は病院を移るのがイヤらしく,「やっぱり,リハビリ病院のほうがいいのかなぁ・・・」などと,軽くごねだした。

肺炎になったり,胃ろう造設のためだったり,理由はあるのだが,1ヶ月ごとに病院を行ったり来たりしているので,父はもう,すっかり,自分の病状の流れがわからなくなってしまっているみたい。


しかたなく,ここは治療を終えたら長くいられない病院だ,というコトを説明する。リハビリ病院は,父が一番長くいて,顔なじみの看護師さんたちもいるところなのに,もう,今の父には,遠い場所になってしまっているらしい。


父はむずかしい顔をして,時々つぶった目を開けて,なにか考えているらしかった。できることなら,ずっと同じ場所で落ち着かせてあげたいが。



6時前になった。父が「もう,帰ったほうがいいんじゃない?」と言うので,なにげなく,「もう少ししたら夕方の栄養やで」と言った。なんとなく,それが終わってから帰ろうかな,と思っていたのだ。

そうしたら父は,「栄養ったって・・・ここ(腹)からで,ここ(口)からじゃないんだから!」と,ジェスチャーを入れて,いらだったような声を出した。「うん・・・仕方ないやんか」と言うと,「だから居たって,することないだろう。ここ(口)からじゃないんだから。ただ,見届けるだけだろう」と。

思わず黙ってしまうと,「別にお姉ちゃんの好きにしたらイイけど!」と,布団をかぶってしまった。


・・・・・いらだっている気持ちはわかる。きっと,看護師さんたちがいちいち,明るい声で「○○さ~ん。ご飯にしましょうねぇ」と言って,腹から栄養を入れるコトも,気に入らないのだろう。ワタシだって,アレは違和感を感じる。なんだって,「ご飯」とか「お食事」とか強調して言うのだろう。そうしないと,患者が,これは「食事」ではなく,ただの「栄養剤」だと思うからだろうか。でも,味も匂いも,なんにも感じるコトのできないモノが,どうして「食事」なのだろう。どうして「食事」と認識しなくちゃならないのだろう。。。


なんだか,悲しくなってしまって,夜の栄養が始まる前に帰ってきた。
[PR]
by rompop | 2007-09-02 18:48 | ホスピタル

2007・9・1 ウンコばかり。

土曜日。9時半まで寝ていた。

起きたら,腰がだる痛くて,下半身がなぜか泥のように重い。どうしてこんなに,下半身に疲れが溜まっているのだろう?遠足にいった翌日みたい(笑)

卵とネギをたくさん入れた麺つゆで,そうめんを2束食べ,巻き寿司を1本,クリームコロッケも食べた。苦ちい。

掃除と洗濯を大量にして,部屋でゴロゴロした。


3時過ぎに家を出て,病院へ。

父は,「今,リハビリから帰ってきたところ」と言う。「土曜日にリハビリ?ないのでは?」と,話半分に聞いていたが,看護師さんに確かめると,ホントだったらしい。パパ,疑ってゴメン(笑)

「それより,便が全然でなくて大変だよ」と言う。「昨日の夜,出ていたから,大丈夫やで。1日ぐらい出なくても」と言っても,「う~ん」と難しい顔をして,腹に手を置いている。「お腹,張ってる?」と聞くと,「張ってるどころのさわぎじゃない」とのコト。


看護師さんがやってきたので,「便のコトばかり言うんですけど」と聞くと,「あら,さっき,割とよいウンチが出ましたよ。まだ残っていて気持ち悪いのかな?」とのコト。「パパ,ウンコ,さっき出てるから大丈夫やで」と言っても,父の顔は曇ったまま。まだ残っているらしい。。。

夕食の配膳が始まる6時ちょっと前,父が,ベッドの上で腰を浮かして「う~ん」とイイながら,妙な動きをしている。そしてしばらくして,「便が出た・・・」

あわてて,布団をめくると,あきらかにウンコの匂い。。。ちょうどオムツ交換に看護師さんがやってきてくれて,ヨカッタ。緩めのウンコがかなり大量に出たようで,オムツ交換をしている父のベッドから,たちまち,なんともいえない匂いが部屋中にひろがる。はっきり言って・・・・ものすごく臭い。同室の患者さんたちのところには,面会の家族が来ていて,ベッド脇でお喋りをしていたが,一瞬,ピタッと会話が止まってしまった。父の向かいのベッドにいた娘さんは,さりげなく,部屋から出ていってしまった。

も,申し訳ない・・・・

オムツ交換が終わったので,窓をさっと大きく開けた。風が吹き込んで,匂いは散るどころか,部屋中にぐるぐる広がった・・・・・かも。でも,仕方ないよなぁ。夕食前に,ホント申し訳ない。


どうも,今日は腸の調子が悪いみたいだ。ほかの人たちが夕食を食べ出してから,父が,「あ。また便が出る」と言う。「オムツしてるから,そのままどうぞ」とは,どうしても言えなくて,「まだ我慢できる」と父が言うモノだから,忙しい看護師さんに頼んで,車椅子に乗せてもらい,「もうちょっと,もうちょっと」とイイながら,トイレへ連れて行った。

しかし・・・・オムツを下ろそうとした看護師さん(男性)が,「うわっ。アカン」と叫ぶ。もうすでに,オムツの中に,たくさん出てしまっていた。「車椅子に乗る前に確認すべきだった・・・・」と看護師さん。このまま,オムツを下げると,ちょっと大変なコトになってしまう。

「まだ出そう?」と聞くと,父は他人事のように,「いや・・・・もう,出ないみたいだね」と言う。きっと,車椅子に移乗する時に力を入れたから,自然と出ちゃったんだよね。

そのまま,また車椅子でベッドへ戻る。食事中の人がいるので,オムツを開くわけにもいかず,15分ぐらい,父にはそのまま我慢してもらった。父には可哀相だけど・・・逆の立場だったら,「・・・勘弁してよ」って思うもんね。


とにかく,今日は,ずっとウンコに終始したカンジ。まぁ,出ないよりは,出たほうがイイのだけど。看護師さんに言わせると,こんなに緩くても,水溶性とか泥状の下痢便ではないので,危険なものではなく,安心な軟便なのだそう。ううむ・・・その違いが,素人にはまだよくわかんない。


オムツを綺麗にしてもらった父は,さっぱりして安心したようで,やっと穏やかな表情に。お腹にたまっていた便が,とりあえず出て,すっきりしたのだろう。

ただ,その後は,やたらぼんやりしてしまって,会話らしい会話もあまり無く・・・・ちょっと疲れたので,7時に帰るコトにした。


それでも土日は,たくさん父のところにいてやれる,と思うだけで,嬉しい。
[PR]
by rompop | 2007-09-01 19:40 | ホスピタル