<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

有馬温泉2日目。

7時過ぎに起きる予定が,4人とも8時まで寝こけていた。


朝食は,ダイニングルームで。9時までが朝食の時間なので,あわてて洗顔をして,部屋を出る。

テーブルに並べられていたのは,可愛いお弁当形式の朝食。色とりどりで,とても美しかった。オレンジジュースもサービスで運ばれた。どれを食べてもあまりにも美味しくて,ご飯をお替りして食べる。旅行に行くと,たくさん朝食を食べられるから,不思議。

10時チェックアウト。税・サ込みで,1人23,775円也。精算のあと,新館のほうのロビーの喫茶へ行ってみる。モダンな内装のスペースで,大きなガラスに面して座り,景観を眺めながら,カフェオーレ。いつか,父と母をこの宿へ連れてきてやりたいな。

阪急バスの乗り場まで,マイクロバスで送ってもらい,荷物をコインロッカーに放り込んで,有馬の町を散策。こじんまりとした温泉町で,古い店と新しいカフェなどが混じった,面白い町並みだ。

外湯の「金の湯」「銀の湯」。ここは,公衆浴場のように,入湯料を払って入るらしい。もっと季節がよければ,ふらりと入ってみたい場所だ。外では,無料の「足湯」に,たくさんの人たちが足を浸している。でも,たくさん着ているので,素足を出すのは無理。

名物の炭酸煎餅などを買い,昼食は,ネットであらかじめ下見をしていた釜飯のお店『くつろぎ家』へ。

これまた古い造りの風情あるお店で,2階の座敷の個室へ通され,鯛や鮭,タコや山菜が乗った「くつろぎ釜飯」を食べる。澄まし汁と,茶碗蒸し,黒豆などがついて,1,050円。黒豆は,全然甘くなく,塩をつけて食べる。この黒豆,とても美味しかったなぁ。
d0062023_21405315.jpg


帰りには,谷崎潤一郎の小説にも出てくるという,高級旅館『御所坊』を少しだけ外から眺めにいく。なかなかの風情だった。少し料金も高いし,敷居が高そうな雰囲気ではあるが,一度は泊まってみたいような,宿。


2時。有馬温泉をバスで出発。3時前には梅田駅に着いた。あまりにも近くて,旅をしたという気がしない。

梅田駅から阪急電車に乗り,ワタシだけが先に下車。なかなか会えない,多忙な友だちだけど,今度はいつ会えるのかな?彼女たちは,ワタシが大学を出て初めて就職したデパガ(百貨店)時代の同期。もう,かれこれ20年近いつきあいだ。ここまで友だちだったんだから,これからも,せめて1年に一度は,一緒に温泉旅行をしようね。今度は,一番忙しくて,今回も参加できなかったY美ちゃんも一緒に5人で。



d0062023_2141844.jpg有馬の名物「炭酸煎餅」。シンプルな味で美味しい。


朝食 『遊月山荘』の朝食。
昼食 『くつろぎ家』の釜飯。
夕食 ブリの刺身,大根と揚げの煮物,もやしとニラの炒めモノ,大根ときゅうりの浅漬け。
[PR]
by rompop | 2006-01-15 21:36

有馬温泉へ。

有馬温泉行き。Yちゃん,Mちゃん,Sちゃんと午後1時過ぎに梅田駅で待ち合わせ。1時半の阪急バスで,有馬温泉まで約1時間。

意外と近くてビックリ。もちろん,有馬温泉は初めてだ。今回の宿は,ワタシがネットで探して決めた。勘だけで決めたので,かなりドキドキだったが,『月光園・遊月山荘』は,予想以上に素晴らしい風情ある宿だった。

駅周辺にはたくさんの旅館やホテルがひしめいているが,この宿は,少しだけ奥へ入り,渓流沿いに建てられている。ホテルのような新館のロビーから川の上に造られた長いエントランスを抜け,数奇屋造りの玄関に到着するまでの道のりが,雰囲気があって旅情が高まる。

建物は古いが,きちんと清潔にされていて,気持ちがいい。従業員の応対が,とても清清しくて,行き届いている。


「陽のあるうちに露天に入ろう」と,さっそく浴衣に着替え,渓流沿いの野趣あふれる露天風呂『玉鉾の湯』へ。ここが,一番源泉に近い湯,だとのコト。チェックインが早かったので,4人の貸し切り状態だ。小雨が降っていたが,雨に濡れながらの露天風呂も,思い出になるだろう。

嬉しいのは,新館の『月光園・鴻瀧館』と内部でつながっていて,こちらのお風呂にも自由に入れるコト。こちらはモダンなホテル形式の宿。

さっとあがって,今度は新館の大浴場『銀波の湯』へ。大きなガラス張りの大浴場は,新しい分美しく,まるでリゾートホテルのような雰囲気。山がすぐ目の前に迫っていて,眼下には渓流が流れ,桜の頃や紅葉の頃は,ひときわ美しいだろう。一面の雪景色もイイかもしれないな。今回は,雪もなく,ただ寒々とした山景色で,水墨画のような風情。大浴場に隣接している露天風呂は,金の湯と銀の湯があった。金の湯は,赤茶色の湯で,銀の湯は,透明な湯。ヒノキで造られた円形の浴槽の「銀の湯」が,とても気に入った。

備品も充実していて,ボディシャンプーのほかに,マッサージ用の塩や,固形石鹸も,2種類。どの風呂に行っても,山のように新しいバスタオルがあって,どんどん使えるのが,嬉しかった。大浴場の前のサロンでは,グラスビールの無料サービス。下戸のワタシは,冷茶をいただいた。


夕食は,7時から。いちばんスタンダードな,「京風懐石料理のコース」をお願いした。上品な味付けの繊細で美しい料理が,少しずつ運ばれ,なかなかのものだった。お造りが美味しくて綺麗だった。神戸牛は小さなお鍋で野菜と一緒にコトコト炊いて。とても柔らかかった。神戸牛が美味しかったので,すき焼きのコースもヨカッタかもしれないな。量は,女性にはちょうど良い量だったと思う。デザートはマンゴーのムース。果実が入っていて,ジューシィだった。(※画像はほんの一部)。

d0062023_21304953.jpg
d0062023_2131025.jpg
d0062023_21311159.jpg

d0062023_21312617.jpg















食後,今度は本館の浴場へ。内湯の浴場『亀の湯』は,やはり金の湯と銀の湯の2種類。こちらは歴史をカンジさせる,どこか公衆浴場のような雰囲気のお風呂。なかなか素敵。銀の湯の浴槽は,これも底まで木の造りで,肌触りが懐かしく,とてもホッとする。
d0062023_21333734.jpg


そのほかにも,新館には貸し切り風呂が3つ。「洞窟風呂」「ひのき風呂」「ワイン風呂」。こちらは予約がいっぱいで入れず,残念。でも本当にたくさんの湯が楽しめ,大満足。

広々としたロビーの喫茶室で,夜だというのに,風呂上りにパフェを食べる。寒くなったので,ワタシだけ,もう一度大浴場へ。もちろんほかに客はいなくて,たった一人の大浴場は,湯のわきでる音ばかりが響いて,少しだけ心細かった。


11時過ぎ,布団に入り渓流の音を聞きながら,TVをだらだらと観て,喋っていたが,いつの間にか眠っていた。




あひるご飯 味噌の雑煮2個。
夕食 『遊月山荘』の京風懐石コース。バニラアイスパフェ。
[PR]
by rompop | 2006-01-14 21:19