カテゴリ:誠サマ( 4 )

2007・8・26 誠サマディナー・ショーIN名古屋。

病院を出てからは,ダッシュでJRに乗り,京都駅まで。あらかじめ乗り換え案内を調べておいたので,とってもスムーズに,2時過ぎには名古屋駅に着いた。

お友だちと合流して,ホテルのお部屋で着替えさせてもらい,午後4時。名古屋国際ホテルでの,誠サマのディナー・ショーが始まった。


d0062023_20332957.jpg




今年は無理だとあきらめていたけれど,どうしても行きたくて,前日に申し込んだ。もう満席かも。。。と思っていたら,S席テーブルがわずかに残っていた。ホント,ぎりぎりセーフ。ちょっとメインステージからは遠かったけど,花道も突き出し舞台もよく見えて,よいテーブルだった。

病院の帰りにふらりと寄った百貨店のバーゲンで,着るアテもなく買った,『ロートレアモン』のサーモンピンクのシフォンのドレス。靴やバッグ,ネックレスは全部,手持ちで間に合った。いろんなコトが,ちゃんとうまく回ってくれたような気がするのは,気のせい?

お食事と1時間ちょっとのショーで34,000円という額は,安いとは思わない。でも,ディナー・ショーって,なんていうか,癖になるんだよね。非日常感が,とてもイイ。

特に,今は,ああいう華やかな場所にちゃんとお洒落して出かける,っていうコトが,大事かと。もちろん,そんな気持ちになれない状況じゃないから,行く気にもなれたのだけど。

お料理も,わりと美味しかった。


d0062023_20332927.jpg

☆ディナーのお品書き。年輩のお客が多いせいか,和洋折衷のフレンチ?お箸でいただきました☆


誠サマは,今日もすごく綺麗だった。衣装も新しいモノが多くて,お金がかかっているから,贅沢な気分になれる。

終演後は,疲れているのに,ちゃんとお客さん1人ずつと握手をして,言葉を交わしながらお見送りをしてくれる。「お父さん,大丈夫なの?」と,また心配していただいた。「大丈夫です,ありがとう」と答えた。


9月には東京明治座での座長公演だ。チケットはもう届いている。行きたいが,行けるのかなぁ。。。ますますもって,9月の予想がまったくつかなくなってきた。


帰りも,とてもスムーズに,新幹線に乗ってから1時間半後には,自宅へ。


夕方,ワタシのかわりに,母が2時間ほどタクシーで病院へ行ってくれた。父は。。。。ものすごく,喜んだらしい。母が止める間もなく,ナースコールを押してしまい,やってきた看護師さんに,「家内です」と紹介したとか。検温にきた看護師さんにも,いちいち「家内です」と紹介したそうだ。

ほかの患者さんたちは,奥さんがメインに面会に来ているから,父はずっと羨ましかったのかもしれない。やっぱ,母が一番なんだなぁ。。。

ワタシがいるときは,平気で寝てしまうが,母がいる間は,居眠りもせずに,ずっと家のコトをあれこれ聞いて,喋っていたそうだ。

時間が遅くなり,父が母を気遣って,何度も「もう帰っていい」というので,母はつい,「ご飯がくるまでいるよ」と言ってしまったらしい。そうしたら,父は,平気な顔で,「ご飯ったって,現物は来ないよ」と言ったそうだ。母には,一度も,「何か食べたい」と言わなかったらしい。


まぁ,ともかく,母の体調も良く,父も喜んでくれて,ワタシも楽しい思いができたし,すべて上手く回った。。。というコトで。神サマ,どうもアリガトウ。
[PR]
by rompop | 2007-08-27 20:33 | 誠サマ

2007・6・16 誠サマIN京都府立文化芸術会館。

朝食は,生卵かけご飯。

ちゃんと化粧をして,コンタクトレンズを入れる。ブラックデニムのスキニーパンツに,コーラルピンクのスモック風ブラウス,白のベルトでブラウジングした。白のネックレスにサンダル。パステルグリーンのアイシャドウ。そう言えば,アイシャドウも,久々につけたなぁ。。。


9時半に家を出て,電車に乗って京都へ。河原町からタクシーに乗って,京都府立文化芸術会館へ。


d0062023_18564843.jpg



誠サマの2007年全国ツアー。誠サマの公演は1月以来だから,ずいぶん久しぶりな気がする。いけないのを覚悟でチケットだけは買っておいたが,やっぱりちょっと無理してやってきた。自分自身のリフレッシュも大事だもんね。体調ははっきり言ってあまりよくないが,我慢。


それにしても,今日は,ほとんど知っている顔に会えないなぁ。。。ちょっと淋しいが仕方がない。

昼の部は11時開演。座席は2列目の少し下手寄り。でも小さい劇場なので,よく見える。第一部のお芝居は,悲しい人情劇で,結構泣いてしまった。デトックス効果も絶大だ。

昼の部終演は,1時40分。

偶然,顔見知りのMさんと席が隣同士だったので,いろいろお喋りした。なんと,夜の部も席が隣同士だとわかり,一緒に食事をして夜の部を待つことに。


その前に,ポラロイド写真の撮影。1000円でポラロイド券を買い,女形の着物のままの誠サマと,写真を撮ってもらう。

すごく久しぶり。。。のはずなのに,最近,テレビによく出てくれているせいか,そんな気がしない。でも,ポラロイドを最後にとってもらったのは,多分,去年の11月頃なのだ。


ワタシの顔を見ると,誠サマは,「あ!お父さん,大丈夫??もう退院されたの?」と聞いてくださった。ううむ・・・とっさに何といったらよいのか・・・ポラロイドを撮ってもらったあと,「ええと・・・あんまり大丈夫じゃないんですけど・・・」と言った。

大丈夫じゃない,というのも変だが,大丈夫です!でもないしなぁ。今の父の状態を一口で説明なんてできない。今すぐどうこう,という状態ではないにしてもなぁ・・・


誠サマは,「・・・そう・・・・。」と,さっと顔を曇らせた。その親身な表情を見て,この人は,苦労してここまでこられただけあって,本当に人の痛みのわかる人だなぁ,と思う。ファンの年齢層が高いせいもあるだろうが,いつも闘病中のファンのコトや,ファンの家族のコトを気にかけてくれる。誠サマのお母上は,数年前に,くも膜下出血であっという間に亡くなってしまわれた。お父上も,もうだいぶ以前に亡くなっている。

ワタシは父のコトを急に聞かれて,ちょっと暗い顔になってしまったのかもしれない。握手した手をぎゅっと握って,誠サマは笑顔ではなく真面目な顔で,「がんばって!」と言ってくださった。誠サマに励まされて,ちょっと・・・いや,だいぶ元気が出た。

できあがった写真の自分を見て,やっぱり少し痩せたかなぁ・・・と思う。


Mさんと隣接するレストランで昼食。日替わりのポークソテーランチ。1000円だけど,美味しかった。歳はだいぶ離れているが,歌舞伎や舞台にくわしい方で,面白くお喋りした。


夜の部は,3時から。今度の席は1列目のど真ん中。緊張する・・・夜の部には顔見知りのファンのかたがたくさんいて,一緒にペンライトとうちわを振って(用意されたものを借りた)賑やかに応援。

終演は5時40分。

ダッシュで病院へ行かなければ。ロビーへいそいで出ると,オフィスの方が,「あ!握手会していってください」と言ってくださった。でも時間がないんだな。。。「ごめんなさい,ちょっと時間が・・・」と断り,劇場を出ようとした。誠サマが「気をつけて帰ってね!」と後ろから声をかけてくださった。誠サマに手を振って,劇場を出る。次にこられるのは,いつだろう?


劇場の外にタクシーが扉をあけて待っていた。なんてラッキー!運転手さんは,終演時間を調べて,客を待っていたらしい。いそいで河原町へ。予定していた特急を逃してしまったが,走りまくって,タクシーにまた乗って,なんとか6時35分に病室へ。


父はもう,ベッドを起こしてもらって,食べ初めていた。なんだか,ベッドの起こし方も甘いし,水飲みに入っているお茶も,とろみが全然ついていなくて,普通の状態だ。夜勤の看護師さんに,「とろみは必ずつけてください!」とお願いする。いつもはこんなコトないのに・・・

新しくお茶を作って飲ませる。ほんのちょっとだけ,後ろめたい気分。パパ,ごめんな。。。


食べ終えたのは,やはりいつもと同じくらいの時間。歯磨きをさせて,薬の飲ませて休憩させ,8時半ごろ,病室を出る。

父は今夜は,なんだか少し機嫌が悪かった。やっぱりストレスが溜まるのかなぁ。。。夜中の灯りがどうとか,部屋のカーテンがどうとか,ささいなコトをあれこれ要求し,「それは無理だよ」と言うと,「別にどうだっていいんだけどね」と,ふてくされる。とても扱いにくかった・・・・・きっと,本当にいいたいコトは,そんなコトではないのだと思う。なにかを理由にして,ワタシに突っかかりたい,そんな心持ちなのだろう。そう思って,その気持ちを受け止めようと思う。


帰宅。

夕食は,カツオのたたき,大根とあげの味噌汁,ちくわとほうれん草のヌタ和え,明太子。
[PR]
by rompop | 2007-06-17 17:06 | 誠サマ

『スタジオパークからこんにちは』☆

6月8日(金)午後1:05~1:59

NHK総合『スタジオパークからこんにちは』
サマが出演いたします(^^)

お時間のある方はご覧になってくださいましm(__)m
[PR]
by rompop | 2007-06-06 17:03 | 誠サマ

2007・1・19 2回目の新歌舞伎座。

11時半,新歌舞伎座に着いた。

M子さんはギリギリになるそうなので,幕間に食べるうどんを,二人分予約。


12時開演。今日の席は,2列目の6番。花道のすぐ隣の席だ。


芝居の前の口上。誠サマの声が少しかすれているのに気づく。もう公演を半ばを過ぎて,いよいよ喉にきてしまったのか。芝居は喋りっぱなしだし,ショーでは歌もあるのに,大丈夫かな?少し心配になる。


1部の芝居が終り,35分間の幕間。M子さんといそいで,3階へ。ここのうどん屋『一休』のうどんは,美味しいから大好き。ここのうどんを食べると「あぁ,新歌舞伎座に来たなぁ」と感じる。天ぷらうどんとカヤクご飯のセット。800円。ぺちゃくちゃ喋りながらも,美味しくて,汁まで全部平らげる。


2部のレビュー。花道を通る誠サマが,ものすごく間近に見える。間近過ぎるぐらい。もう少し離れていたほうが,全体がよく見えるなぁ。レビューの中盤,出ずっぱりの誠サマの顔は,さすがに少し汗ばんでいた。

目にも鮮やかな紫色の着物で踊る『テネシー・ワルツ』。どうしてだろう,自分でもわからないが,涙がぽろっと出てしまった。とてもキレイだった。


終演。今日は1回公演の日だ。早く,喉と身体を休めて欲しいなぁ。M子さんと,W子さんが来ていたので,一緒に劇場を出る。「お茶飲もう」と誘われたが,父の夕食の時間までに病院へ行きたかったので,次の機会に。


父の病院へは,5時ごろ着いた。やれやれ。今日の父も,特に問題はなく,頭はクリアなようでよく喋った。夕飯もほとんど食べたし,ニコニコと機嫌もよかった。安心。

朝から家を出たので,さすがに疲れてきた。少し風邪気味のようなカンジ。治ったばかりなのに,また風邪??ワタシの免疫力はどうなってるの?

「ちょっと疲れたから,今日はもう帰るわ」と父に言い,別れを告げる。


夕食は,ネギ焼き,じゃがいもの味噌汁。


風邪薬を飲んで,今夜はバタンキューだ。
[PR]
by rompop | 2007-01-19 10:50 | 誠サマ