2007・9・1 ウンコばかり。

土曜日。9時半まで寝ていた。

起きたら,腰がだる痛くて,下半身がなぜか泥のように重い。どうしてこんなに,下半身に疲れが溜まっているのだろう?遠足にいった翌日みたい(笑)

卵とネギをたくさん入れた麺つゆで,そうめんを2束食べ,巻き寿司を1本,クリームコロッケも食べた。苦ちい。

掃除と洗濯を大量にして,部屋でゴロゴロした。


3時過ぎに家を出て,病院へ。

父は,「今,リハビリから帰ってきたところ」と言う。「土曜日にリハビリ?ないのでは?」と,話半分に聞いていたが,看護師さんに確かめると,ホントだったらしい。パパ,疑ってゴメン(笑)

「それより,便が全然でなくて大変だよ」と言う。「昨日の夜,出ていたから,大丈夫やで。1日ぐらい出なくても」と言っても,「う~ん」と難しい顔をして,腹に手を置いている。「お腹,張ってる?」と聞くと,「張ってるどころのさわぎじゃない」とのコト。


看護師さんがやってきたので,「便のコトばかり言うんですけど」と聞くと,「あら,さっき,割とよいウンチが出ましたよ。まだ残っていて気持ち悪いのかな?」とのコト。「パパ,ウンコ,さっき出てるから大丈夫やで」と言っても,父の顔は曇ったまま。まだ残っているらしい。。。

夕食の配膳が始まる6時ちょっと前,父が,ベッドの上で腰を浮かして「う~ん」とイイながら,妙な動きをしている。そしてしばらくして,「便が出た・・・」

あわてて,布団をめくると,あきらかにウンコの匂い。。。ちょうどオムツ交換に看護師さんがやってきてくれて,ヨカッタ。緩めのウンコがかなり大量に出たようで,オムツ交換をしている父のベッドから,たちまち,なんともいえない匂いが部屋中にひろがる。はっきり言って・・・・ものすごく臭い。同室の患者さんたちのところには,面会の家族が来ていて,ベッド脇でお喋りをしていたが,一瞬,ピタッと会話が止まってしまった。父の向かいのベッドにいた娘さんは,さりげなく,部屋から出ていってしまった。

も,申し訳ない・・・・

オムツ交換が終わったので,窓をさっと大きく開けた。風が吹き込んで,匂いは散るどころか,部屋中にぐるぐる広がった・・・・・かも。でも,仕方ないよなぁ。夕食前に,ホント申し訳ない。


どうも,今日は腸の調子が悪いみたいだ。ほかの人たちが夕食を食べ出してから,父が,「あ。また便が出る」と言う。「オムツしてるから,そのままどうぞ」とは,どうしても言えなくて,「まだ我慢できる」と父が言うモノだから,忙しい看護師さんに頼んで,車椅子に乗せてもらい,「もうちょっと,もうちょっと」とイイながら,トイレへ連れて行った。

しかし・・・・オムツを下ろそうとした看護師さん(男性)が,「うわっ。アカン」と叫ぶ。もうすでに,オムツの中に,たくさん出てしまっていた。「車椅子に乗る前に確認すべきだった・・・・」と看護師さん。このまま,オムツを下げると,ちょっと大変なコトになってしまう。

「まだ出そう?」と聞くと,父は他人事のように,「いや・・・・もう,出ないみたいだね」と言う。きっと,車椅子に移乗する時に力を入れたから,自然と出ちゃったんだよね。

そのまま,また車椅子でベッドへ戻る。食事中の人がいるので,オムツを開くわけにもいかず,15分ぐらい,父にはそのまま我慢してもらった。父には可哀相だけど・・・逆の立場だったら,「・・・勘弁してよ」って思うもんね。


とにかく,今日は,ずっとウンコに終始したカンジ。まぁ,出ないよりは,出たほうがイイのだけど。看護師さんに言わせると,こんなに緩くても,水溶性とか泥状の下痢便ではないので,危険なものではなく,安心な軟便なのだそう。ううむ・・・その違いが,素人にはまだよくわかんない。


オムツを綺麗にしてもらった父は,さっぱりして安心したようで,やっと穏やかな表情に。お腹にたまっていた便が,とりあえず出て,すっきりしたのだろう。

ただ,その後は,やたらぼんやりしてしまって,会話らしい会話もあまり無く・・・・ちょっと疲れたので,7時に帰るコトにした。


それでも土日は,たくさん父のところにいてやれる,と思うだけで,嬉しい。
[PR]
by rompop | 2007-09-01 19:40 | ホスピタル


<< 2007・9・2 苛立ち。 2007・8・31 秋色のバッ... >>