2007・8・30 落ち着かない。

今夜も,父は比較的,落ち着いていて,穏やか。

熱も36,9℃と,まぁ,37℃前後の微熱が続いている。もともと,体温は低い方の父なので,これでも,微熱だろうと思う。が,これは仕方ないのかな。


布団をめくると,今日は素足で靴下は履いていなかった。「あれ??」と驚くと,嬉しそうに笑っていた。「脱ぎますっていって,脱がしてもらった?」と聞くと,「そう」と言っていたが,真相やいかに?


栄養の注入はもう始まっていて,今夜は4回ぐらいに分けて注入してもらった。夕刊を買っていったので,なかば強制的に,父にメガネをかけさせ,新聞を読ませた。紙面をめくるのが大変なので,あらかじめ,父が読みやすそうなページを抜き取って,小さくたたんで渡した。父は,素直に読んでいた。

ワタシも,父の足元に新聞をひろげて,読みふけった。


転院の問い合せをしてみます,と主治医が言ったのが,たしか火曜日の夜。次の日に聞いてくれたとして・・・・返事はいつになるのだろう?2~3日だとすると,まだ,返事は来ないか・・・落ち着かない。早く戻りたいような,戻りたくないような。正直,どこが父にとって,いちばん良い場所なのか,ワタシにはわからない。。。


朝,ひどく雨が降った話や,昼前に雷雨になった話などをするが,父は,「知らない」という。あんなに大きな雷だったのに,寝ていたのかな?


「冷房が寒い」と言って,コットンのストールを首にぐるぐると巻いていたワタシを見て,父は,「だいじょうぶ?」と気遣っていた。

そして,7時半頃,「もう,お姉ちゃん,帰ってくれてもいいよ」と言った。お腹がたまらなく空いていたので,帰るコトにした。


本当に父は,ここ数日,穏やかだなぁ。「どうしたんだろう?」と,母と話す。母は,「栄養がちゃんと行き渡って,そんなに身体がしんどくなくなったんだろう」と言う。それもあるけど・・・父は,母が見舞いに行って以来,一度も,「○○が食べたい」と言わなくなった。


よく話を聞くと,母は父に,「しばらくの間,これ(栄養剤)がパパのご飯なんやで」と,言ったらしい。父は,頼みの綱の母にそう言われて,とりあえずのところ,静かにあきらめたのかもしれないな。なんとなく,そんな風に感じる。。。
[PR]
by rompop | 2007-08-31 13:59 | ホスピタル


<< 2007・8・31 秋色のバッ... 2007・8・29 コール。 >>