2007・8・20 発熱。

少しのんびりと,6時半ごろ病院へ。駅の売店で,夕刊を・・・と手にとりかけたが,飛行機が炎上している大きな写真。また父が,おかしな夢を見ても困るしなぁ・・・と,やめておいた。


病室につくと,父は氷枕をしていた。熱??栄養の滴下は始まっている。


ちょっと生気のない顔をした父は,喉と胸のあたりをゼロゼロ言わせていて,喋るのもしんどそうだ。どうしたんだろう??


見かねてナースコール。とりあえず,息を吸ってもはいても,ゼロゼロ言いっぱなしなので,痰の吸引をしてもらう。


看護師さんの話では,昼間に結構な熱が出て,解熱剤で下げているらしい。今は37℃台前半だという。栄養はOKとのコトなので,入れています,とのコト。肺のレントゲンと血液検査もしたというから,ちょっとイヤなカンジの熱発なのだろう。


一度吸引してもらって楽になったようだが,またすぐに,痰がつまりだした。ワタシがいた1時間半の間に,結構な長時間の吸引を2回。父は涙を流して,ヨレヨレになった。


涙と目やにがこびりついている顔を,熱いおしぼりで拭いてやる。あまり刺激をしてはゼロゼロがひどくなるので,そっと拭く。


・・・・・どうしてこうなっちゃうのかな。


それでも7時頃になると,「お姉ちゃん,もう帰ってくれてもいいけど」と,ワタシを気遣う。「さっき来たところやん。8時まではいるから大丈夫」と応える。いても,できるコトは限られているのだけど・・・・


8時になった。父は少しだけ落ち着いて寝息を立てている。「もう帰るよ。大丈夫か」と声をかけると,「うん」とは言うものの,いつまでもベッドからこっちを見ている。何度も振り返り,ベッドへ近寄っては「なんかある?」と聞き,後ろ髪をおもいきり引かれる思いで病室を出る。


エレベーターホールで,主治医がワタシを遠くから見つけて,飛んできた。


原因はよくわからないが,どうやら肺が良くないらしい。炎症を起こしているのは間違いないそうだ。

唾液などによる誤嚥か,栄養剤の逆流か,あるいは,なにかの感染症か・・・・・でも,多分,あんなにゴロゴロ言っているのは,誤嚥なんじゃないかな。今までと同じ症状だから・・・


とりあえず,栄養剤を中止する,とのコト。逆流かどうかはわからないが,こういう時は,消化器官も弱るから,逆流のリスクが増えるそうだ。しばらくは,点滴のみの栄養と,抗生剤の投与。

「・・・少し逆戻りです。急な熱発には僕も驚いているんですけど・・・」と,主治医。


早く治まりますように。いろんな意味で辛い「胃ろう」だけれど,点滴のみに頼るには,父の弱くてもろくなっている血管が心配だ。


父の肌着をもう1枚買って,帰る。


帰ってから連絡メモを見ると,どうやら今日の午前中,父はリハビリをしたようだ。弟が行ったとき,ちょうど車椅子で連れていかれる途中だったらしい。


リハビリをしたから,肺が炎症を起こしたとは思えないが,熱が出る前だったなら,きっと父は,辛かったにちがいない。

・・・泣きたいようなコトばかりだ。
[PR]
by rompop | 2007-08-20 19:24 | ホスピタル


<< 2007・8・21 菓子パン。 2007・8・19 不調。 >>