2007・8・17 希望。

6時20分に病院へ。熱もないはずだが,今夜の父は,なぜかずっと寝ていた。

やはり昼間に来ないと,ホントの父の様子はわからない。夜だけ1時間半ぐらいいたって。

8時になったので,父を揺り起こして,声をかけ,帰る。父は笑顔を見せたが,一瞬後には目を閉じてしまった。


歩きながら,「どんな時も希望を持たなければ」と考える。

でも,本当は希望を持たなければいけないのは,父本人だ。食べられなくても,歩けなくても,家に帰れなくても,生きていて良かった。と,父自身が思えなくては。


クオリティ・オブ・ライフ。

でも,それは,今の父にとっては難しいことだな。。。
[PR]
by rompop | 2007-08-18 17:59 | ホスピタル


<< 2007・8・18 食べ物のコ... 2007・8・16 空。 >>