2007・8・11 泥の池。

いつもと同じ時間に起きた。予約は取っていないが,かかりつけの胃腸科へいき,胃カメラをやってもらおうと思う。いつもそうしているので,昨夜は9時に夕食を終え,朝食も抜いた。


8時半前に受付。ところが,いつも診ていただいているドクターが臨時でお休みとの事。運が悪かった・・・・


胃カメラは,はっきり言ってドクターの技術がモノを言うからなぁ。。。診察してくれたのは,一ヶ月前と同じく,患者の顔をまったく見ない,不機嫌な物言いをする最低な印象のドクター。とりあえず,ワタシもあまりこの人とはしゃべりたくないので,薬だけを出してもらうように頼んで,胃カメラの予約をして帰ろう。


一か月分も薬をくれた・・・・・まぁ,いいっか。



予定よりずいぶん早く終わってしまった。とりあえず,朝食だ。24時間営業の店で,「目玉焼き朝定食」(450円)を食べる。目玉焼き(小さい・・・)と炒めたウィンナーが2本。味噌汁,青菜とあげのおひたし,味付け海苔。(旅館の朝食みたい)

ご飯のお代わりは自由なので,1杯半食べた。最後は備え付けのお漬物でお茶漬け。


11時からマッサージの予約を取っておいたので,食べ終えてすぐにダッシュ。30分間の至福のひととき・・・「おそろしいぐらい,あちこちお疲れですねぇ」と呆れられる。そうだろうな。体中のどこを触られても,とりあえずは痛いから。


12時前に病院へ着いた。


廊下に便の匂いが流れている。臭い・・・父の病室に近づくにつれて匂いが強くなる。「まさか」と思ったら,そのまさかの父の便の匂いだった。ベッド脇が最高に匂う。


「パパ,うんこ出てるんちがう?」と何度聞いても「いや,出てないよ」と言う。そんなはずはない。しばらくして看護師さんがやってきたので,「絶対便が出ていると思うんですけど」と,オムツをあけてもらった。


案の定,「出てないよ」の父のオムツは,泥の池のようになっていた。うう・・・おしぼりで,丁寧にお尻についた便をふきとってくれている。床ずれの部分を見せてもらった。最初に発見したときよりも,あきらかに小さくなっている。赤いことは赤いが,まだ水ぶくれなどにはなっていない(なったら大変だが)。

ワタシがうるさく言っているおかげで,頻繁に体位を変えてくれているおかげだろう。このまま,ひどくならずに治まればイイけど。。。


ただ,床ずれとは別に,陰部の皮膚炎はかなり痛そうな様子。肛門周りだけではなく,玉のあたりの皮膚が真っ赤になっている。おしぼりで拭かれるたびに,父は「ひー」と言う。これでもだいぶマシになったそう。軟膏を塗ってくれた。


すっきりしたためか,父がすぐに目をつぶってしまうので,なんとか眠らさないようにとがんばる。母から預かってきた,絵葉書のファイルを父に見せる。

百貨店での美術展や,油彩画の個展などを見るのが,父も母も好きだった。絵画はそうそう買えないが,気に入った絵のポストカードを必ず2~3枚は買ってくる。そうして溜まった絵葉書を,母は小さなファイルにいれて保管している。父の好きな「ユトリロ」の美術展で買った絵葉書も,何枚もあった。


「ママから預かってきたよ」というと,父は食べ物かなにかだと思ったらしく,すごく嬉しそうにしたが,絵葉書だとわかると「そんなのいらないよ!」と言った。がっかりしたのかもしれない。


しかし,しばらくしてから「やっぱり見よう」と,手に取った。が,たいして興味もなさそうだった。イイ刺激になるかと思ったんだけどなぁ・・・・


4時前に,「もう疲れたから帰っていいか?」と尋ねる。ちょっと今日は疲れたなぁ。


父は,「バナナとサンドイッチはいつ持ってくるの?」とまた言う。昨日のことを覚えていたのか・・・

「パパ,それは食べられないよ。肺炎になったから食べられなくなったんやんか。無理無理
,当分無理だよ」と力なく言うと,「そんなこと言って一日のばしにするつもりだろう」ときた。かなりヘビーなひと言。。。


帰りに,ロッテリアでジャンクなものをたくさん食べて,百貨店で洋服を見た。バーゲンをしていたので,特に着るあてもないが,ベージュのシフォンのワンピースを1枚。いつか着よう。


いつもの果物屋で,オレンジといちぢくを買う。いちぢくは母のお土産。ちょっとまけてもらった。小さなラッキー。


5時半に帰宅。


久々にヤフーオークションに熱くなり,入札しまくる。2時まで夜更かし。あきらかにストレス解消だなぁ,これは。。。
[PR]
by rompop | 2007-08-11 14:47 | ホスピタル


<< 2007・8・12 何を,食べ... 2007・8・10 痛い。 >>