2007・7・22 日曜日。

昨夜は,「ソラナックス」を飲んで,12時に寝た。今朝は10時までぐっすりだ。

ところが,寝過ぎたせいか,体は痛いし,腰はダルダルだし,頭痛は。。。やっぱり,全然治っていない。

凝りもせず,昨日と同じ,ツナとトマト缶のパスタ。

3時前に家を出て,商店街で超スピーディに買い物をする。父のために,新聞。「モロゾフ」のカスタードプリン。歯間ブラシ。それから綿の靴下を2足。自分のためには,いつもの果物屋でオレンジをひと袋,ジャンボおにぎりを1個,発売されたばかりの『クウネル』。。。それから,昨日,父に頼まれた「二十四の瞳」の文庫本も,父の本棚から,ちゃんと持ってきた。

病室につくと,3時半。父はトイレ中。迎えにいくと,「来るの遅かったねぇ。3時から時計を見て,今くるか今くるか,って待ってたよ」と言う。

たしか昨日は,「明日も4時半頃来るからね」と言ったのだった。今日はがんばって,これでも早く来たんだけどなぁ。。。

せっかく車椅子なのだから,と思って,このまましばらく座らせておく作戦,開始。

「プリン,持ってきたで。食べるか?」と耳元でささやくと,「あ!食べる」と言う。病室の隣のベッドには,「胃ろう」のおじいさんが寝ているので,1階のロビーへ降りるコトにした。ティッシュやお茶も一緒に持って,そろそろと車椅子を押して,1階へ。

ロビーの端のベンチに座り,プリンを食べさせた。『モロゾフ』のカスタードプリンは,やっぱり美味しい。でも,小さい方のサイズにした。父はすごい勢いで3口ぐらい食べ,「大丈夫か?」と思ったとたん,やっぱり少しだけ咽せた。あとは,ワタシがひと匙ずつ,注意して食べさせたが,8割ぐらいで,「もうやめておこうか」と言う。こんな小さいプリンなのに,全部食べきれないのか・・・と,ややショック。無理強いはやめておく。

どんよりと曇った空だが,せっかくだから,少しだけ外へ。生暖かい空気が頬をなでる。ずっと前と同じように,父は病棟を見上げて「どの部屋かなぁ」と聞く。「前にいたのは,あそこだけど,今は隣のあそこ」と,指さして教える。前のコト,ちゃんと思い出したのかなぁ。。。

ロビーに戻ると,患者さんや見舞客が,大相撲中継を見ている。今日は千秋楽だ。部屋に戻って,テレビを観ることにした。

父は15分ぐらい相撲を見たが,静かに老眼鏡を外した。「もうテレビはやめる」の合図だ。1時間起きていたから,まぁ,上等か。言われるままに,横にしてやる。


昨日から,気になるコトがひとつ。自分で歯磨きをしているので,油断してよく観察しなかったが,日中,父の歯には,食べ残しがたくさんこびりついていた。歯というよりも,歯と歯の間の隙間だ。昨日,あまりの酷さに愕然として,あわててコンビニで,歯間ピックを買ってきて突いてみたら,ごっそり取れた。でも,歯茎から血がたくさん出てきた。マズイな。。。しかも,1本だけおかしな生え方をしている前歯があるのだが,根元の歯茎がすり減っていて,心なしか,ぐらついているような気がする。怖くてあまり強く触れなかった。

これ,ぐらついて取れそうになったら,どうしたらいいんだろう?病院には歯科はないしなぁ。父のように誤嚥しやすい人が,普通の歯科では危険だろうしなぁ。。。

今日,歯をチェックしたら,隙間はちゃんと空いたままだった。時々,チェックしなければ。でもワタシには,歯石まで取るコトはできないから,やはり歯科医の口腔ケアは必要だろうな。また外来受診で弟に手間をかけることになる。。。


父が寝ている間に,ワタシはこっそりと,おにぎりを食べ,頭痛薬を飲んだ。偏頭痛に即効性のある,飲み薬だとか。でも,あまり効かない。

1時間経ってから,父を起こして,食前の準備体操をさせる。今日もやっぱり,65分かかる。全部食べたけど。。。やはり,途中で,痰がからんで咽せてしまうんだなぁ。自力でだいぶ痰を出せるようにはなったが。水分の多いミキサー食は,腹にくるのか,最後のほうはいつも,ゲップをしながら,無理矢理食べているカンジ。


早めにベッドに寝かせてもらうが,少し体温が気になり,計ってもらうと,37度1分。平熱の低い父には,これでも立派な「熱」だ。看護師さんに聞くと,37度前後の微熱は,朝などにもよくあるそう。この微熱。。。なんなのかなぁ。。。

8時前に病室を出て,タクシーで駅まで帰った。頭痛がイヤな感じ。
[PR]
by rompop | 2007-07-22 19:54 | ホスピタル


<< 2007・7・23 家族会議。 2007・7・21 むしゃくし... >>