2007・7・7 休日。

久しぶりに朝寝のできる土曜日。

なのに,昨夜ワタシの書いた手帳をみた弟が部屋をノックし,「寝てるのにゴメン」と言いながらも,1時間ぐらい父の話をしていった。

結局,一度押しきられて承知した話を,また蒸し返して交渉しようとしているワタシを責めているわけだが,どうしてもそうしたいなら,詳しい成り行きをちゃんと伝えておいてくれないと,困る,とのコト。

まぁ,病院側は,ワタシも弟も,「家族さん」というくくりで捉えているから,ワタシが提示したコトへの答えを,普通に弟に返してきたりするのは,当然といえば当然だ。同じ「家族さん」でも,いろんなコトに対する考え方や不満のありかは,微妙に違っていたりするわけなんだけど。

結局,今日の昼,担当の看護師になんか言われたら,「食事の件は,あらためて姉がお話しするそうです」と言っておいてもらう事にする。どうせそのつもりだから。


夜も暑いせいか,あまり良く眠れなかった。軽く頭痛がする。


あひるごはんは,ツナのサラダ巻き1本,昨夜の味噌汁。


母がいろいろ知りたがるので,昨日看護師に言われたコトなどを詳しく話す。母もため息。。。そこへ昼食介助のために病院へ行った弟から電話。

担当の看護師がさっそくやってきて,「食事の件は,ご家族の意向を尊重したいと思いますので。。。」と言ってくれたそう。


結局,ワタシが6時半に着いてから,夕食を開始して構わない,というコトになった。昨夜の看護師さんがよほど好意的に伝えてくれたのか,あるいは,父自身が「娘が来るまで待つ」と言い張ったのが,効いたのか。あるいは,これ以上もめてもややこしいので,根負けしてくれたのか?


とりあえず,大目に見てくださる,というのだから,素直に感謝して思うようにやらせてもらおう。


ゲンキンなもので,急に胃が楽になった気がする。昨夜は吐き気までしていたものなぁ。。。


オレンジとチーズケーキを食べて,4時に家を出る。


駅前の商店街は「七夕セール」の真っ最中。今日は七夕なんだなぁ。。。

薬局で少し買い物をし,父の病院へ急ぐ。5時前に着いたら,父はトイレの真っ最中。

d0062023_0475993.jpg


今日も少し,最初から痰がからんでいる。不安だなぁ。やっぱり,少し肺が弱っているのかな。


少し父をベッドで寝かせ,5時40分に起こして車椅子に乗せた。弟が話をつけておいてくれたので,父は廊下の一番端っこで食べるコトになっていた。ご丁寧に,目隠しの「ついたて」まで用意してくれている。

担当の看護師さんの姿が見えたので,「夕食の件,ありがとうございます」と声をかけた。「いいえ~」と,いつもの笑顔だったので,少し安心した。そして,細かい確認など。

ただ,夕食の配膳が6時前から始まり,それから30分ぐらいは食事介助に忙殺されるため,父をちょうど良い頃合の時間に,車椅子に移乗させておくのが難しい,とのコト。

それは困った。ただ,乗せてくれたらイイだけなのに。。。とも思うが,どうやら食事の前に,父をいつもトイレ誘導するコトになっているそうなのだ。その兼ね合いもあり,また,父を1人でトイレに置きっぱなしにしてしまうのも,心配なので(1人で車椅子へ移ろうとした前科あり),そうなると,忙しくなる少し前から起きてトイレへ行ってもらわねばならないんです,とのコト。


あれこれ相談して,とりあえずそれでやってみるコトにした。父はワタシが来るまで,45分くらい車椅子に座って待たねばならないが。。。大丈夫かな?それから食事に1時間。食後は最低30分。2時間半ちかく,座っていられるかな?

もし疲れが出て,食事に影響が出るようならば,考え直さなくてはならないが。。。一ヶ月の入院生活で,すっかり体力が落ちてしまった父。可哀相だけど,しかたがないなぁ。


今日は,6時10分から食事開始。いつもワタシが6時に来るコトができたら,一番いいのになぁ。すぐに食べれば,おかゆもこんなに温かいし,まずいご飯も美味しく感じられるかもしれない。

「鯛みそ」をつけた白がゆが,わりと美味しかったらしく,珍しく父は「美味しいわ」と言って食べた。それは何より。。。。


ところが,やはり,途中でむせ始める。何度も咳をさせるが,うまく出せる時と出せない時と。

「大丈夫か?」「大丈夫・・・」と言って,数口食べると,またむせる。。。


まったく,今日も泣きたくなった。父にわからないように,チラチラと腕時計に眼を走らせる。時間がどんどん経ってゆく。おわんのおかずは,全然減らない。。。

鼻水も出るので,たちまちティッシュの山ができる。


良くないな。。。この状態はホントに良くない。こういう状態を繰り返しながら,だんだん咳こみがひどくなっていき,熱が頻繁に出るようになっていき,ある日突然,父は肺炎になっていたのだ。


そして,またもや途中で「トイレ」という。「おしっこなら,さっき出たからもう出ないよ」というと,いったんは「そうか」と納得するが,またしばらくして,「ウンコかもしれない」という。

生理現象はしかたがない。癇癪を起こしそうになったが,おさえてトイレへ連れてゆく。もうタイムリミットだ。。。


結局,おしっこしか出なかった。1時間経っていたが,もう少しだけ,と思い,食事を続けた。最後は,ワタシが残ったおかずを食べさせた。ワタシが全部介助したほうが,早く食べられるようだ。

8割がた食べたところで,またむせたので,もう,あきらめた。75分で8割。。。。。


食後の歯磨きで,父は何度も痰を出した。透明な中に,ミキサー食が混じっている。ヨカッタ,少しでも出すコトができて。でも,いくらかは気管へと入っていっているのだろう。


30分して,ベッドへ。父の足が象のようにむくんでいる。看護師さんに相談するが,どうしようもなさそうだ。「一番の原因は,循環器でしょうね」とのコト。こちらへきて,車椅子に座る時間が増えたコトも,あるでしょう,とも。ほかの患者さんも,夜は足がパンパンにむくんでいるそうだ。クッションの上に足をあげて寝かせておく。

熱を測ってもらうと,37℃。ううん。。。微熱だ。


8時半。今夜も父はだいぶ疲れた。結局,3時間近く,車椅子だったもんね。「おやすみ」と言っても,半分夢の中で「おやすみ・・・・」とつぶやいていた。肺炎で病院にいた頃よりは,頭ははっきりしてきたとは思うが,なにせすぐに疲れてしまうよう。

水分をあまりとれなくて,便秘だし,尿の量も少ないのが気になる。
[PR]
by rompop | 2007-07-08 00:15 | ホスピタル


<< 2007・7・8 部屋が,汚い。。。 2007・7・6 待ちぼうけ。 >>