2007・7・5 クレーム。

d0062023_13155090.jpg



朝食は,クリームシチュウ(昨夜の残り)とご飯。

腰がすごく痛い。このあいだのクイックマッサージ,とても気持ちがヨカッタのだが,刺激が強すぎたようで,あれ以来,揉み返しがきたみたい。朝起きた時なんか,まっすぐに立てない状態だ。


今日も1日,デスクワーク。暑くなりそうだ。。。父は熱もなく,無事に入浴をしたかな?


昼食は,カレーパン(ウィンナー入り),具だくさんの野菜サラダ,ポタージュスープ,オレンジ,ジャージー牛乳プリン(持参)。

午後に弟から電話。父の下剤について,看護師さんに言った内容などの申し送り。ワタシたちも,昼と夜に病院にわかれていくので,必要なコトはこうやって申し送りをすることにしている。でないと,ワタシが知らずに,重複して夜に質問してしまったりするから。看護師さんも,昼と夜は交替しているので,「伝言ゲーム」がより複雑になり,下手すると面倒くさいコトになるのだ。今まで,何度もややこしいコトになって,閉口した。


定時間際にややこしい電話。駅まで12分ぐらいで小走りに走った。いつもの電車に乗れたが,すっかり疲れ果ててしまった。最近,走るコトなんて無いもんなぁ・・・


すっかり息切れして,6時20分過ぎに着いた。さっそく準備体操などを始めていると,担当のK看護師さんがやってきた。

すごく言いにくそうに。。。要は,ほかの人よりも30分遅れて食事をするのが,やはり具合が悪いとのコト。それでなくても父は食事に1時間かかるし,どんどん時間がずれていってしまう,と。

嚥下体操をする必要を指摘されたのであれば,うちのSTがさせてもらいます,と。ただ,やってくれるのは,STのセンセイの勤務時間内ギリギリの4時45分から5時の間,とのコト。

それでは。。。。あまり意味がないのでは。食事前に父を覚醒させて,食べる準備をさせるために行っているのだから。


ワタシもあれこれ粘ったのだが,疲れていたせいか,「とりあえず,それで少しやってみましょう」と,押し切られてしまった。気持ちが弱くなっていたせいもある。

下膳の時間にも間に合わず,父の食器だけがいつも残る。食後に看護助手さんが洗わねばならない,父のエプロンやコップやスプーンも,いつもあとに残ってしまう。そういうことやなんかで,クレームが出たのだろうと思う。口調は柔らかかったが,病院側の強い力を感じて,押しきることができなかった。。。。


結局,5時前にSTさんが嚥下体操をしてくれ,父はそのまま,ベッドには戻らずに,6時まで待っている。6時から食事開始。6時半にワタシがきて,父の食事の後半を見守る。こういう流れにされてしまった。


嚥下体操はともかく,最初から最後まで見守って,ペースアップしそうになったら押えたり,喉の動きを見て,残っているな,と思ったら,空飲みこみをさせたり,時々お茶を飲ませて口をさっぱりさせたり,咽せこんだら,しっかり咳をして出させたり。。。。そういうコトが,食べ始めの30分にはできなくなってしまう。

看護助手さんたちが見守ってくれるとしても,せいぜい,咽せた時に背中を叩いて咳をさせてくれるぐらいだ。それ以上のコトは求められないし,現実問題として,まず無理。


父のために,と思ってしているコトなのに,どうして,無理を承知でも,もう少し粘ってお願いできなかったのか。。。。。後悔ばかり。


父は2,3度咽せたが,65分で5品を全部食べた。咳をさせて,今夜はある程度,ちゃんと飲みこめたと思う。


帰宅。

夕食は豚肉のしゃぶしゃぶ,豆腐とわかめの味噌汁,菊菜のゴマ和え。


母にも何も喋る気がせず,早めに布団に入る。
[PR]
by rompop | 2007-07-05 13:15 | ホスピタル


<< 2007・7・6 待ちぼうけ。 2007・7・3 早退。 >>