2007・7・3 早退。

d0062023_13143665.jpg
朝食は,バナナと黒ごま黄粉入りホットミルク。

昨夜はなんだか,あらたに気が重くなってしまって,あまり良く眠れなかった。隣室の弟もそうらしい。夜中に何度もトイレに行っていた。

まぁ,でも。できるだけのコトをしていくしかないな。


昼食 わっぱ飯弁当,白和え,スープ春雨(チゲ)。


午後,デスクの上の携帯に弟から電話。

昼食の見守りに行ったので,父の様子などを聞く。父は少しむせながらも,1時間で4品を全部食べたそう。ただ,怖ろしく集中力に欠けていて,機嫌も悪かったとか。。。

彼が言うには,頭がハッキリしない,と言うよりは,外界の刺激を遮断しようとしているように見える,とのコト。父なりに環境の変化に対処しようと必死なのかもしれない。

その対処のしかたが,「開いて慣れる」よりも「閉じこもる」方向なのは,父の生来の気質なのだろう。


病室につくと,父は寝ていた。

「冷房が寒い」というので,着ていた薄手の長袖のポロシャツの上から,ジャージの上着を着せる。もともと寒がりの父だが,痩せてしまったために,余計に寒さがこたえるよう。

それにしても,この部屋は冷房がよく効くなぁ。。。多分,部屋の作りとかベッドの位置によるのだろうけど。。。おまけに,同室の患者さんが,夜中に声をあげたり,看護師さんを呼ぶのに大声で怒鳴ったりする人らしく,早くもストレスを感じ始めているよう。相部屋はこういうのがあるから,辛いなぁ。

父の担当の看護師さんに,夕食の介助のコトを相談する。下膳の時間もあるだろうが,どのみち父はいつも間に合わないし,ワタシが仕事帰りに6時半に来るので,父の食事はそれからにして欲しい,とお願いした。食べる前に,準備運動などをしたいので,と言って。

6時半から始めると,普通に食べられたとしても,7時半になってしまう。ここは消灯は9時だが,8時には患者さんたちを早々にベッドに寝かしつけてしまうのだ。父だけが,大幅に集団のペースを外れるコトになる。

案の定,看護師さんはちょっと当惑した顔をした。口では「(仕事とかの)お時間大丈夫ですか?そちらが大丈夫であれば,こちらは別に構いませんよ」と言ってくれたが,快く,というわけではなかった。

それでも。。。たとえ効果が少しでも,父のためにはそのほうがイイに決まっている,と思い直し,そうさせてもらうコトにした。わずかでも父にとって良い,と思えるコトなら,やってみよう。病院の規則に反するコトでない限り。


食事の最中に呼吸困難を起こして運ばれ,誤嚥性肺炎になって,また戻ってきた父を,看護師さんも看護助手さんたちも,いちおうは笑顔で「○○さん,戻ってこれてヨカッタね」と言ってくださるが,どうも少し当惑している感がある。手がかかる・・・というか,「要注意患者」のリストに入っているのは間違いないのだろう。少し距離を置かれているようにカンジてならない。嫌がっている,というのではなく,やはり少し怖いのかもしれない。ワタシの気のせいだろうか?

以前から親しくお喋りをしてくれていた看護助手さんだけが,昨夜,「仕事もあるのにホンマに大変やね。できるだけのコトはさせてもらいますから」って,言ってくれた。ワタシと同年代ぐらいの看護助手さん。彼女の父親も,別の病院に長く入院しているらしい。子供さんは,まだ小さいけど,ぜんそく持ち。「仕事帰りに,父の病院へ行ってやろう,とは思うけど,そう思っただけで疲れが出て,体が重くなるの」と,以前,言っていたっけ。。。


さて。とりあえず,今日は6時からの食事開始ができる。食事の前にトイレへ行っている間に,フロアは一杯になり,父の定位置には他の患者さんがセットされてしまった。どうやら今は,満床で患者数も多いらしい。

「ごめんね,今日は場所が狭くて。。。お部屋で食べてもらおうか」ということで,否応なしに,部屋で食べるコトになった。もちろん父の心理的には部屋でワタシと2人の方がよいだろうが,ずっとそれでも困る。。。集団で生活ができなくなるのは。けれど今は,とりあえず「緊急避難」というコトで,まぁ,しかたないか。

きっかり65分かかって,5品のミキサー食を父は全部食べた。が,途中で何度もひどく咽せて,咳こんだ。涙も鼻水も。。。どうしてこうなっちゃうんだろう。

食後の歯磨きでうがいをする時,父はまた咳こんで,痰をたくさん出した。透明な痰がたくさん出たが,その中に,さきほど食べた白いミキサー食が混じっている。やっぱり,気管に入ってしまっているのだな。。。入ってしまうのは仕方ないにしても,どうか炎症を起こさないで欲しい。。。

8時20分に布団に横になった父を確認して,病院を出る。痩せた父は,ベッドにへばりつくように,ペタンとして見えた。

そして,やはりまだ,混乱している。前の病院とここが「ごちゃまぜ」になっている。主治医やリハビリのセンセイが,混ざり合っている。食事の時も,「ベッドで食べる」というので,「もう具合は良くなったんだから,車椅子で」と押し問答になった。その時,「隣のじいさんの顔が見たくないんだ」と言った。あとで考えるに。。。それは前の病院で隣にいた患者さんのコトを言っていたのだと思う。

「まだ混乱してるなぁ。でもあちこち移されたら,しょうがないよね」と言うと,「うん,まだ混乱してるなぁ」と父は笑った。そう言って笑えるコトが,まだ少し救いかな。。。?


夕食は,ブリの塩焼き,小松菜と揚げの汁,高野豆腐の含め煮。
[PR]
by rompop | 2007-07-03 13:14 | ホスピタル


<< 2007・7・4 微熱。 2007・7・2 転院・・・そして。 >>