2007・6・12 不発。

朝食は,バナナと黒ごま黄粉入りホットミルク。

朝は昨夜の残りの赤飯とひじきを食べようと思っていたのに,すっかり忘れていた。。。治ったはずの風邪が,なんだかまた復活したような。喉が変。しかも,風邪薬の飲み過ぎで,便秘。最悪。。。。。

1日,デスクワーク。

昼食は,カレーライスとしょぼいグリーンサラダ。


6時半ごろ,病院へ。父はベッドを起こされ,テーブルには夕食の膳。しかし,毎晩ワタシが来るのですっかり「アテ」にされているのか,引き出しの中からスプーンすら出してくれていないし,カップをのぞくと,お茶もちゃんと入れてくれていない。ワタシがいつも,自分でトロミ剤をいれて作るから,今夜もそうすると思っているのだろう。こういうところ。。。リハビリ病院と全然違うな。。。まぁ,リハビリ病院は,看護師さんというよりも,看護助手さん(介護士)たちが,ホントによくお世話をしてくださるから。


というわけで,6時半から食事がスタート。食べ初めてすぐ,胸がゼロゼロ言っているコトに気づく。食べる前に,吸引をしてもらえばヨカッタかな。。。でも,あとの祭り。


何度か咳をしたり,痰がからまってゴロゴロ言ったりするので,スプーンを運ぶ手を止め,休憩させながら,ゆっくりのペースで食べさせる。おかげで,4品のミキサー食を食べるのに,たっぷり1時間かかった。父はもう,最後のほうは疲れてしまっていて,何度も目を閉じて「はぁ。。。」とため息をついている。


食後の薬を飲ませてすぐ,「ウンコが出る」と父。看護師さんを呼んで,車椅子に移してもらう。ここのベッドは,リハビリ病院のとは違って高いし,ベッド柵も違うから,ワタシ一人で移乗させるのは,とても難しいのだ。父の脚力も落ちてしまっているから,うんと力がいる。


トイレまで看護師さんは付いてきて,オムツを下ろして座らせるまでやってくれた。あとは,また,扉の外でじっと待つ。15分待った。扉の外から父の姿をのぞき見していると,トイレに入ってきた別の患者さんがワタシの姿を見て,「うわぁ!」と声をあげて驚いた。トイレの個室をのぞき見している妙齢の女。。。ちょっと怪しすぎたかもしれない。「父が目を離せないので。。。」と作り笑いで誤魔化す。


15分経って「どう?」と聞くと「今日は出ないみたいだねぇ」と父。「あきらめるか?」と聞くと「うん。あきらめようか」という。まぁ,出ないものは仕方ないか。オシッコが出ただけでいいや。


ベッドにまた移してもらい,父を寝かせる。車椅子とベッド間の移乗のさせ方が,どの看護師さんも,どうも全体的にすごく乱暴だなぁ。。。と感じるが,まぁしようがないのかな。父が乱暴に扱われてヨレヨレになっているように見えて,すごくイヤだが,自分一人でできないならば,仕方ない。


ヒゲを剃ってやろうと思っていたのに,もう,8時20分だ。面会時間は終わり。タイムアウト。

あまり高い熱ではないだろうが,少し熱いの
で氷枕をし,布団をかけて,ナースコールをすぐ手の届くところに置いて,病室を出る。今夜の父は,鼻からの酸素吸入のチューブはしていなかった。


今日から,「お客サマ」なので,帰りにドラッグストアで,カミカルナプキンを2袋購入。


帰宅。夕食は,赤飯(残り),焼きそば,キュウリの中華風浅漬け,手羽先の醤油煮。

風邪気味につき,風邪薬と栄養ドリンクを飲んで,11時に布団に入る。
[PR]
by rompop | 2007-06-13 13:53 | ホスピタル


<< 2007・6・13 不機嫌。 2007・6・11 ② ごはん... >>