2007・6・7 『普通の父』だった。。。

体調が悪いせいか,真夜中,目が覚めた。あまりにも身体中にカチンコチンに力が入っていて,うまく眠れていない。浅い夢のなかで,ずっと病室にいて,父のコトを心配していた。

「こんなに身体が緊張していたら,眠れないよなぁ」と,我ながら冷静に思った。下戸でなければ,こんな日は,一杯ひっかけて眠るほうがイイのかもしれない。

風邪薬をもうまる2日飲んでいる。悪化はしていないが,なんとか薬でおさわっているだけなのだろう。

d0062023_21475239.jpg


1時ごろ,弟から携帯に電話。ドキッとする。


昼食に付き添ってくれたようで,「一度だけ盛大にむせたが,ほとんど全部,自分で食べた」とのコト。食べたあと,喉がゴロゴロいうので,吸引をしてもらったらしい。それって・・・気管に食べ物が入っちゃってるんじゃないのかなぁ・・・

担当の看護師さんに,「今日,お風呂に入れようと思ったのですが,微熱があるので止めときました」と言われたそう。まだ肺炎も完全に完治していないのに,お風呂って・・・。気になるので,夜に言える機会があったら,「お風呂はもう少し先にして」と,ダメ押ししておいて欲しい,とのコト。なんだか。。。病院ってムチャクチャだなぁ。

リハビリのセンセイが父のベッドにやってきて様子を見られたそうだが,父は今日も,だいぶ頭に霞がかかっているようで,「ベッドから起きましょう」「ベッドに寝ましょう」などの,簡単な指示もよくわからないようで,反応がとても鈍かったそうだ。環境の激変が,こんなに父にこたえるとは思ってもみなかった。再開した薬の副作用はないかどうかも,念のため,主治医に聞いてみよう。父が,だんだんぼやけていくのを見ているのは,とても辛い。



いつも,夜,1分でも早く病室に着きたくて,大急ぎで事務所を出る。なのに,いざ,病院に着いて,1階ロビーから3階に上がるためのエレベーターを待っている時など,このまま「回れ右」して逃げ出したい衝動にかられる。疲れているだけではない。「怖い」のだ。

毎日,父の様子が違うものだから,今日初めての父に,これから会うのが,とても怖い。。。でも,今はワタシしか,父の所へいってやれる人間はいないのだ,と,自分を奮い立たせて,病室へ向かう。



今夜の父は,とても落ち着いていて,夕食のミキサー食をほとんど途中でむせるコトなく,全部自分で食べた。ちょっと,スプーンを口に運ぶペースが速いと思ったので,何度か,「口のが無くなってから,次を入れて」と手を止めたが。食べ終えたあとは,少し咳きこんだ。「ちょっとペースが速いねんで」と言うと,「そうだね」と言っていた。明日の朝食の時に,覚えていてくれればイイのだが。スピードよりも,安全に,確実に。

昼間,療法士のセンセイがベッド上で,主に下半身の関節の曲げ伸ばしなどの,簡単なリハビリをしてくださったそう。そんなコトもあって,少し刺激になったのかな。なにより,頭もはっきりしていて,「普通の父」だったのが,嬉しかった。

それから,体勢。これも大事だが,今夜は,ベッドが垂直に近いぐらいちゃんと起こしてあって,しかも,足も身体も曲がるコトなく,まっすぐだった。頭も後ろにのけぞるコトなく,まっすぐだったので,食べやすかったのかも。

これは看護師さんによるのだけど,ホントにいい加減にベッドをギャッジアップして,さっさと去ってしまう人もいる。看護師さんは,毎日,それも昼と夜でも顔が変わるから,そのたびに言わなくてはならないだろうが,いちおう,ちゃんとお願いしておこう。


父が食べている間に,ベッド脇で,主治医のMドクターのお話。


今日の血液検査の結果,数値は正常に戻っていた。いちおう,今回の肺炎は「完治」というコトで,今日から抗生剤の点滴は外れた。レントゲンのほうは,少し影が残っているが,これは,少し遅れて消えてくるそう。来週の月曜日ぐらいに,再度レントゲンの予定。それまで少し様子を見て,レントゲン結果が正常なら,リハビリ病院へ戻る手続に入る,とのコト。

あまり慌てて戻って,すぐにぶり返しても。。。と不安だが,いつまでもここにいても,どんどん体力も筋力も,それから頭も,衰えていくばかりだと思う。

また誤嚥があると,肺炎を起こしかねない状態だが,それについては,「食べる時,むせないように注意してください」との指示しかない。何度も繰り返すようであれば,生命の危険もあり,身体も弱るので,別の方法を考えてもらわねば,とまた言われる。


風呂の件。念のため,しばらく風呂には入れないで欲しい,と頼んだ。もちろん,身体の清潔は大事だが。。。せっかく落ち着いたモノを,風呂に入れて逆戻りさせて欲しくない。ちゃんと看護師さんに伝えてくれるとイイが。あと,口腔ケアもちゃんとしてくれるよう,お願いした。夜の歯磨きは,ワタシがさせるコトにする。寝る前の口腔ケアが一番大事だと思うが,夜は夜勤の看護師さんの人数が少ないせいか,やってくれていないのだ。


主治医とワタシが喋っている間に,父は夕食を食べ終えた。あとで,「話,全部聞いてたよ」と言う。なんだか今夜は,やけに鋭いのだ。先々,いろいろな不安はあるけれど,とりあえず,父が落ち着いてくれて,嬉しかった。


それにしても,昨日のあの状態は,何だったのだろう?先日から再開された薬について,副作用がないのかどうか,確認してみた。抗生剤と,抗凝固剤(バイアスピリン)と,睡眠薬。いずれも,そう作用のキツイものではなく,強烈な眠気や脱力感の副作用などは無い,という。やはり,部屋を次々に変えられて,ストレスがかかったのかな。。。これからも,病院に任せっきりにするのではなく,父の様子にはちゃんと注意していようと思う。



帰宅。

今夜は,少し安心して眠れそうだ。それは,ワタシから話を聞くだけの母も同じ。久しぶりにワタシと母の顔に,笑顔が戻る。



朝食 バナナ,黒ごま黄粉入りホットミルク。
昼食 鶏肉の照り焼き+ごはん+ミニうどん定食。
夕食 高菜弁当(飽きた。。。),味噌汁。
[PR]
by rompop | 2007-06-03 21:47 | ホスピタル


<< 2007・6・8 マズイ。。。 2007・6・6 眠らないで! >>