2007・5・27 無口な,父。

10時ごろまで,ダラダラ寝ていた。

あひるごはん(※朝昼兼用ご飯)は,牛肉とネギを入れたキムチチャーハン。
キムチチャーハンには豚肉なんだけど,切れていたから仕方ない。

洗濯済みの着替えやヨーグルト,新聞などをもって,12時半に病院。
荷物が結構重かったので,今日は豪気にタクシーで。

昼食をまだ食べていた父は,なんだか盛大にむせている。
朝と昼は品数が少なくて,スムーズな時は,30分でキレイに食べられるのだが,
今日はホントに,えんえんむせている。

「どうしたん?急いで食べたんか?」「そうなのかなぁ・・・」などとイイながらも,
またむせて,涙を流している。涙がおさまると,鼻水が垂れ落ちる。
その様子を見ていると,ホントに,こちらも泣きたくなる。


気を取り直して,父のジャージの上着とバスタオルを,屋上で洗濯。
洗濯機に100円,乾燥機に100円。
馬鹿にならないが,ジャージの上着は替えがないので,
持って帰るわけにはいかないのだ。


ピーカンのイイ天気なので「外へ行こう」と父を誘う。
父は「・・・外で何するの」などと言っていたが,
「いや,イイ天気だし,日光浴。ワタシがいる時しか外へ出れないよ!」
としつこく誘うと,その気になったようだ。

面会客のこないほかの患者さんたちは,外へ出たくても
付き添いがないと,出られない。
1人でエレベーターで1階に降りるコトすら,できないのだ。

父の車椅子を押してエレベーターに乗り込むとき,
ダイニングルームにいるたくさんの人の視線を感じる。
「申し訳ない!」と思いつつ,父を隠すようにしてそそくさと乗り込む。


外,といっても,小さなこの病院には中庭など,無い。
玄関を出れば,すぐに駐車場で車がたくさん止まっている。
車のいないスペースを探して車椅子を止め,さんさんと太陽の光を浴びる。

「イイ天気だねぇ」と父は言ったきり,あとはずっと喋らない。
今日の父は,どうしたのだろう?
笑顔もないし,本当に無口だ。
ワタシが話しかけても,「・・・いや」とか「そうだね」の返事しか返らないので,
自然,ワタシも無口になる。

しばらくして,「部屋に戻る?」と聞くと,意外にも「・・・まだいる」と言う。
少し場所を変えて,道路のぎりぎり近くまで行ってみた。
道路を走る車や,歩道を歩く人の様子がよく見える。
別に面白くもなんともない光景だが,ただ,病院の建物を眺めているよりはマシ。

2人で,太陽の光を浴びながら,ただ黙って,30分ぐらいいただろうか。
帽子を忘れたワタシは,きっと,紫外線をたっぷり浴びてしまっただろう。


部屋へ戻っても,父はなんだか覇気がない。
話しかけても,返事もせず,知らん顔をしている瞬間があったので
なんかおかしいな?と思い,何度も話しかけたがどうもリアクションが鈍すぎる。
脳の血管が詰まりかけているとか,切れかけているとか・・・と思って,
「パパ!ちょっとどうしたん!!」と腕を強く揺すると
やっと「・・・?え?どうしたん?」と返事をした。
そして,カップに手を伸ばし,お茶を少し飲んだ。

機嫌がよくないだけなのか,頭が少し変なのか,素人にはわからない。
こういうのって,どうしたらイイんだろう。
やっぱり,弟が言うように,朝や昼は,頭がクリアではないのかな。
週末なので,リハビリもないから余計にそうなのか。


今日は,缶コーヒーを買ってきた。
自販機のは冷たすぎるので,常温のモノ。
これをカップに入れ,トロミをつける粉末を入れる。
病院で使ってもらっているのと同じモノで,携帯用のやつを買ったのだ。

一口飲むと,父は「味がイイねぇ」と言った。やった!
でも,3口ぐらい飲むと,止めてしまった。
やっぱりトロミのついたコーヒーなんて,美味しくないか・・・
なるべく水分を取らせたいと思っているのだが,なんかイイ方法はないかな。


父は微少の脳梗塞があるため,ずっと「ワーファリン」という薬を飲んでいた。
脳の血流を良くする薬だ。
ところが,「詰まる」のではなく,血管が「切れて」出血したため
当然,この薬は御法度になった。
といっても,依然として,「詰まる」可能性だって大いにある。
主治医は,「詰まるか切れるか,どちらのリスクが多いかはわからない」という。

というわけで,今も,この薬は再開されていない。
なるべく,血流が悪くならないよう,気をつけるしかないのだ。
水分と,運動と,食べ物と・・・
日々,怖い。


せっかく買っていった新聞も,父はチラと見ただけで置いてしまう。
テレビもあまり見たくないよう。
体調は悪くなさそうなのに,どうしたのかなぁ。。。


やはり,施設のコトなど,いろいろ自分の中だけで考えているのだろうか。
父は,だいたいそういう人だ。
あまり外へ発信せず,自分の中だけで,たくさんのコトを考えるタイプ。


4時になったので,帰るコトにした。
ベッドに横になった父は,最後だけ少し笑顔を見せたが,
今日はなんだか,全然気持ちが通じ合わない感じで,悲しかった。

まぁ,そういう日もあるわな・・・というコトにしておこうか。

d0062023_7133624.jpg


気を取り直して(そう,この「気を取り直して」というのが大事),
いつもの果物屋で,はっさくをひと袋(300円。安い!),
母に頼まれた「揖保の糸」の冷や麦も3つ買った。


M坂屋に立ち寄り,介護シューズを物色。同じタイプの色違いを注文。
地下で買った一銭洋食をベンチで食べ(ハズレだった),ぶらぶらと商店街を歩く。
ただの地元の商店街なのに,意外と気晴らしになる。

靴屋でコットンの可愛いスニーカーに惹かれる。
今日みたいな,エスニック調のギャザースカートに合わせても可愛いかも。。。
でも6,000円。
休日にしか履かないだろうスニーカーに6000円は,保留だ。
スニーカー,2足もあるんだもの。

駅の書店で『コーラス』を買い,
くよくよとまだスニーカーのコトを考えながら,電車に乗る。

自転車をこいで,ドラッグストアへ行き,
デルモンテの完熟トマトホール缶(特価で78円)を3つも買う。


6時前に帰宅。
日が陰らないうちに,家の周りの溝のそうじ。
垣根の枯れ葉がたくさん積もっていて,こんなに手入れの行き届かない溝,
ご近所じゃ家ぐらいだ。
腰を痛めている母には,この溝掃除,結構辛いからなぁ。
弟も「休みにボクがやるから」と言いつつ,忘れ去っているらしい。

風があまりにも強いので,7割ぐらいで断念。まぁ,いいか。


夕食は,カレーライス,玉ねぎ味噌汁,ゴーヤとツナのマヨネーズ和え。

8時からは,NHKの大河ドラマ。

あっという間に,もう,休日が終わってしまう・・・
[PR]
by rompop | 2007-05-27 23:48 | ホスピタル


<< 2007・5・28  気のせい? 2007・5・26 休息。 >>