2007・5・25 『読了』。

d0062023_1123636.jpg『認知症の介護のために知っておきたい大切なこと』


すごく読みやすくて,すごくわかりやすくて,読んでよかった!と思えた本。

認知症の人への受容だけでなく,
家族を施設へ入れるときのコトや,
最期の「看取り」のあとの介護者の
心のケアについても少し触れられていました。



想像してみてください。

あなたは記憶を失いつつあります。
知っているはずの,愛している人なのに
誰だかわからないときもあります。
思考は遅く,まわりに言われたことがわからないこともよくあります。
動きはぎこちなく,スプーンを口に運ぶのすら大仕事です。
幸せもつらさも,深く感じとることができますが,
何かがおかしいと感じながらも,その原因がわかりません。
以前の自分とは変わってしまったとわかっていますが,
どうしてなのかはわかりません。
そのことについて話そうとしてみるのですが,
すると自分の言葉がまわりの人には通じないのです。
                             (本文より)

[PR]
by rompop | 2007-05-25 14:53 | ホスピタル


<< 2007・5・25 ② どしゃ... 2007・5・24 風呂。 >>