2007・5・19 ② 『要介護度4』・・・・。

父の介護認定の結果が届いた。

『要介護度4』だった。

今は結構認定が厳しくなっているらしく,以前,ヘルパーをしている友人に,状態を話して「2と3の間ぐらいで微妙なカンジだと思う」と言ったら,「・・・う~ん,今,結構厳しいから。3,出るかなぁ」と言われていた。

それで,仕事を休んで調査にも立ち会ったりしたのだ。

老健をいくつか見学に回った時に,「うちは基本的に要介護度3以上でないと・・・」と言われたところがあった。結局,そこは別の理由で,そうそうに断られてしまったのだが,施設入所の際にも,介護度は大事なんだなぁ,と実感した。

もちろん,ありのままを認定してもらって,その結果の数字なら仕方が無い。でも,本当はもっと病状は悪いのに,調査の時の,ほんの1時間ぐらいの間に,軽く認定されてしまっては,不本意だ。介護サービスで使える枠が,これによって決まってしまうのだから。

d0062023_1812829.jpg


ちなみに,要介護度は1から5まである。だから,4は2番目に重いランク。「重度の介護を必要とする」とされている。

ガイドブックなどには,以下のようにランク付けされている。

「入浴」「排泄」「衣服着脱」「洗顔」「整髪・洗髪」「つめ切り」の全般にわたって
全面的な介助が必要。
「食事摂取」に部分的な介助が必要。
「尿意・便意」がみられなくなる場合が多い。
「野外への徘徊」「火元の管理ができない」といった問題行動が多くなる。



現実よりも軽く,いいかげんに認定されなくて,ヨカッタ・・・とは思うけど,正直,ちょっと複雑。こんなに重度なのかぁ・・・って。
[PR]
by rompop | 2007-05-20 17:54 | ホスピタル


<< 2007・5・20 ① 膝が痛... 2007・5・19 ① ホリディ。 >>