2007・5・3 日光浴,いろいろな家族の光景。

9時に起きた。目覚ましは8時にかけておいたが,なかなか起きられなかった。

11時に家を出る。

今日もとてもよい天気。気温も高く,行楽へ出かける人が多い。。。隣町では,恒例の『ジャズ・ストリート』が開催中。町のいたるところにステージが作られ,プロやアマチュアのジャズバンドが一日中,演奏をしている。それを見に,わざわざ遠くからやってくる人もたくさんいるみたい。地元民としては,ちょっと誇らしい。。。

JR駅前のショッピングモールで,父の肌着を物色。寒がりの父には,まだ長袖が必要だ。でも,もう少し薄手の綿素材のやつ。丸首がいいのか,U首がいいのかわからなくて,売り場から母に電話して,あれこれと相談。結局,1枚ずつ購入。

新聞を買って,病院へは12時前に着いた。父はもう,テーブルに座らされて,ウトウトしていた。ふと見ると,ほかの患者さんたちも,みんな席にはついているものの,ウトウトしたり,コックリコックリしたり・・・今日は休日でリハビリもないし,院内にはのんびりした,眠気のようなものが漂っている。しっかり覚醒していないと,またむせそうなので,一生懸命父に話しかけて,目を覚まさせる。

d0062023_17273541.jpg
父の今日の昼食。ミキサー食・・・匂いをかいでも,近くで見ても,原型がわからないよぅ・・・


「ママに見せるからね」と,携帯の写メールで,食べる父の写真を撮る。父はちょっと笑ってポーズを撮る。

今日も父のペースはのんびりだ。やっぱり,胃ろうのKさんが気になるようで,じっと見ながら食べている。時々,イラっとして,テーブルをこんこん叩いては「集中して食べなよ」と言うが,馬の耳に念仏・・・

今日もまた,ちょっとだけむせては,途中でティッシュの山を作り,また,「トイレ」と言い出す。今日は20分ぐらいロスしたかわりに,普通の硬さの便が出た。収穫・・・毎日,こうやってちゃんと出れば問題ないのだ。すごく嬉しい。


父はがんばって,今日も完食。ラブレもちゃんと飲んだ。でも,食べ終えたのは1時50分。はぁ。


昨夜,先行して,入所の判定会議にかけてもらっていた施設から返事が来た。いろいろいわれたが,結局,いい返事はもらえなかった。今の病院にあと3ヶ月ぐらい置かせてもらえる予定なので,どのぐらい回復するか,今ひとつわからない,というコトと,食べる時にむせるコトがあり,またかなり時間がかかる,という情報がどうやら向こうに伝わっていたようで,「長時間,見守りできる人員の余裕がありませんので・・・」と,遠まわしに言われた。

弟はショックで夕食も喉を通らなかったよう。8軒あるうちの施設,これで3つは消えた。


もう少し,時間をかけずに食べて欲しい・・・と思う理由はここにある。どれぐらいの量を,どれぐらいの時間で食べたか,というのは,毎食,ちゃんと病院側に記録されている。父のように,ほかの患者さんの2倍も3倍も時間がかかれば,それだけ「手がかかる患者」というコトになってしまうのだ。



食後,歯磨きをしたあと,部屋へ帰って横になりたがったが,強引に車椅子で外へ連れ出した。ホントに無理やり・・・エレベーターの中で父は不満そうにしていたが,外へ出て,太陽がさんさんとふりそそぎ,そよ風が吹いている中にしばらくいると,だんだん機嫌がよくなった。

「キレイだねぇ」とツツジを触ったり,「お日さんが真上だねぇ」と言って,気持ち良さそうに眼を閉じたりしている。ホントに,ちょっと初夏の陽気だった。ポカポカとして,温かい・・・

「写真撮ったらいいのに」と父がいうので,ツツジをバックに,何枚か写真を撮る。ふふっ。母に見せよう。

それから,「リハビリないから,ちょっとだけ運動しようか」と,車椅子に座ったまま,腕を上げたりおろしたり,首を少し回したり,足踏みの運動をさせたりした。「できないよ」と言いながら,父は結構,ちゃんとやってくれた。右足は結構力強いんだけど,左足がまだまだ弱いなぁ・・・


「部屋へもどろうか?」と言っても,「いや,もうちょっといる」と言うので,30分以上,外にいて,日光浴をしていた。病院のなかは,ひんやりとしていて,寒々しい。

部屋に戻って,買って来た新聞を父は少し読み,それからベッドに横になった。3時を過ぎていた。今日の父は,ずいぶん元気でよく喋り,がんばった。

d0062023_17273546.jpg
新聞を読む。今日の父は,とても頭がしっかりしていて,会話もはずんで,嬉しかったよぅ・・・



3時半頃,病室を出る。父は昼寝に突入。。。




今日は休日なので,面会客も多い。家族がたくさん,患者さんに会いにやってきた。今日はちょっと,そのコトを書いておこう。


父がいつも気にしている,胃ろうのKさんにも,ご家族がやってきた。娘さんが二人と,車椅子に乗った奥さんが。認知症がすすんで,ちょっとわからないのか,「おかあさんもきたよ!」と娘さんに言われて,「どうも」と,自分の奥さんに会釈をしていた。

点滴の最中に動かないように,Kさんの車椅子は廊下の手すりに,てぬぐいで縛られている。娘さんは,とても辛そうな目でそれをじっと見ていた。安全性を重視してのコトだけど,これも「抑制」だから,家族にとっては辛い光景だ。できれば,こんな風にしばりつけておかずに,ちゃんと誰かが近くで見守っていて欲しい,と思うだろう。でも,そうするだけの人員は,やはりこの病院にも無いのだ。

いつもなら,点滴が終わっても15分ぐらいは,ベッドに横になることができないそう。胃のものが逆流すると危険だからだ。でも,Kさんは「寝たい。辛い」と娘さんに訴える。娘さんは,ちょっと涙目になって,看護師さんに頼んで手ぬぐいをほどいてもらい,Kさんの車椅子を押して,散歩に出かけた。「散歩したほうが,気持ちが紛れるから」と。

Kさんと,奥さんの車椅子を,2人の年輩の娘さんが押して,エレベーターでおりていかれた。15分ぐらいして,戻ってこられたKさんは,嬉しそうな笑顔だった。娘さんも笑顔。わずかな時間だけど,家族全員の団欒の時間だったに違いない。。。


お名前は知らないけど,父と同じ3階の病室にいる年輩のおじさん。補聴器をつけておられるので,少し耳が不自由なのかな?娘さんが面会に来ていた。初めて見る娘さんは,廊下にぺったりと腰をおろして,お父さんの足をさすってやっていた。そして,とても大きな声で父親に話しかける。やはり,耳が相当聞こえにくいのだろう。お父さまはもしかしたら,言葉も不自由なのかもしれない。大きなスケッチブックのようなものに,お互いにしきりに何かを書いて,それを見せながら会話している。

「お父さん,兄弟みんな心配しているよ。がんばってね」と言いながら,急に娘さんが涙声になり,泣き出してしまった。父親の肩をしきりになでながら,「ワタシも一生,働き続けなきゃいけないから」と言っている。どういう意味かな・・・きっと,それぞれの家庭には,それぞれの事情がある。


父と外で日光浴をしているとき,全然見知らぬ車椅子に乗ったおばあさんと,その家族らしき人たちがおりてきて,ワタシたちのちょうど横で車椅子を止め,同じように日光浴をはじめた。年輩の息子さんらしき人は,陽気そうで身体の大きい人。あとは,同じく息子さんとその奥さん,お孫さん,といったところだろうか。

最初は,車椅子のおばあさんを囲んで,楽しげに笑ったり喋ったり,ツツジを眺めたりしていたが,急におばあさんが「もういや,家へ帰りたい」と泣き出した。身体の大きい息子さんが,「おかあちゃん,まだ無理や。がんばってくれよ」と言いながら,つられたように,ワッと泣き出した。

ワタシも父も,ぎょっとした。大人の男の人が,あんなにワッと泣き出すのをあまり見たコトがなかったから。今まで,こらえてこらえて,ついに我慢できなくなったような泣き方だった。きっと,さっきから楽しげに笑ったり喋ったりしていたのも,だいぶ無理をしていたんだな,と思う。その息子さんにつられて,もう1人の息子さんも嫁さんも子供も,涙を流しだした。

しばらくの間,車椅子のおかあさんを囲んで,4人が丸くなって静かに泣いていた。ワタシと父は,黙ってその様子を見ていた。見ては悪い,と思ったが,眼をそらすコトができなかった。


この病院にいる人,患者さんも,家族も,誰もがみんな,辛い。家に帰れる人,まだ帰れない人,二度と帰れない人・・・100の家庭があれば,100の事情がある。でも,大なり小なり,みんな悲しくて,辛い。大事な家族が病気だということは,とても悲しいコトなのだ。。。


今日は,胸が温かくなるような光景も,胸がしめつけられるような光景も,たくさん,見たと思う。



帰り道,S百貨店の地下でたこ焼を食べる。トロトロで美味しい。

そのあと,ブラブラ店内を見てまわり,「無印良品」で,キムチラーメンを2袋(これ,美味い!!)と,チョコ柿の種を買う。これは,柿の種にチョコレートがコーティングしてあるもの。不思議な後味で,辛くて甘くて,美味しいんだ。


それから,M坂屋で,母のためのショッピングカートを物色。介護ショップにあるような,歩行器とショッピングカートが合体したようなやつ。いよいよ,こういうのが必要になってきた。でも母は,もう79歳だというのに,「いかにも,おばあちゃんみたいなのはイヤ」なんて,すごいコトを言う。でも,座れるタイプのほうがイイというし・・・

いくつか手にとってみたけど,さっぱりわからん。しかも,結構な値段だ。2万ぐらいする。カタログを2冊もらって帰る。


5時前に帰宅。


母に,父の写真をいっぱい見せる。久しぶりに父を見た母は,「パパ,だいぶ痩せた・・・可哀相に」と言う。で,父の食事の画像を見たとたん,だまりこんだ。母は,しょっちゅう贅沢ばかり言うので,そのたびにこの画像を見せてやろうかしらん,と思う。「これに比べたら,どんなご飯もご馳走でっせ」って。




朝食 納豆となめたけを混ぜて黒ゴマをトッピングした納豆丼,オレンジ。
おやつ たこ焼。
夕食 カレーライス,ポテトサラダ+レタスとトマト,ハッサク。
[PR]
by rompop | 2007-05-03 17:27 | ホスピタル


<< 2007・5・4 疲れる。 2007・5・2 『カナリヤ』。 >>