2006・4・16 テンぱる。

朝からお腹がクラッシュしている。でもこれは,昨夜おそくに,冷たい「わらび餅」とキャラメルポップコーンをドカ食いしたせいだ。


土曜日の昼にそそくさと会って以来の父。病棟につくと,ちょうどまだ夕食を食べていたが,両の頬が赤い。また熱があるのだ,と一目でわかる。気持ちが塞ぐなぁ。

「大丈夫?」というと,「微熱があるって」と父。「しんどいか?」「しんどいねぇ」となんだか不毛な会話。

まだ調子が悪いのだな。食欲がない,というよりも,車椅子にずっと座っているのが怠いのか,ご飯をほとんど残したままで,「もう,お終いにしようかなぁ」と,ギブアップしかける。しかし,食べられるなら,食べたほうが良い。体力が落ちれば,熱とは戦えない。なんとか励まして,9割食べ終えた。

しんどいなら,歯磨きはズルけようか,と思ったが,父は歯磨きもする,というので洗面所へ行く。こんななのに,今日もリハビリをしたそうだ。「でも30分で切り上げたけどね」らしいが。


病室に戻ると,看護師さんが薬を配りにやってきたので,今日の父の様子を聞く。昨日もワタシは,来なかったのだ。父は今日,昼からずっと微熱があるそうだ。でも,高熱はもう出ないので,抗生剤の点滴は今朝で終了。あとは,飲み薬に変わったらしい。そういえば,夕食後になんだか苦そうな粉薬が出ていたな。

痰は少しからまるが,そう辛そうでもない。早く横にしてやりたくて,さっさと着替えさせた。リハビリがどうの,なんて言っていられない。全部ワタシがやった。微熱だって,ずっとあれば,だるくてしんどいのだ。

8時になったので,帰るコトにした。帰る時はいつも,お互いに笑顔だ。「吸引されるの,イヤやなぁ?」と言うと,「でも,そうも言ってられないからしかたない」と父。頭がぼんやりしてはいても,しかたのないコトは,わかるのだ。自分のために子供達が施設を探し始めているコトを知ったら,父はなんて言うのだろうか。


帰宅。

朝からあちこちの施設に問い合せの電話を掛け続けて,弟はすっかり,テンぱっていた。母の話では,「なんでも僕がせなアカンねん!」と,勝手にキレていたらしい。ずっと家にいたんだから,なりゆきでこうなったのも,仕方がないだろうに。気持ちがわかるけど。。。

市内の施設は8カ所。「全部,見てみないとわからない」とワタシが言い張ったせいで,3日で8カ所を見学する,超ハードスケジュールになった。でも,短期になるか長期になるかわからないが,父が家の代わりに暮らすコトになる「かもしれない」場所なのだ。文字だけの情報とか,ワタシたちが行くのに「便利か不便か」なんてだけで,安易に選ぶわけにはいかない。それにしても・・・ハードだなぁ・・・
[PR]
by rompop | 2007-04-17 17:33 | ホスピタル


<< 2006・4・17 オムツ。 2007・4・15 考えない。 >>