2007・4・2 乱暴な,人。

殺人的に忙しい日。気がついたら夕方だった。

目がムズムズして,また花粉症が復活か?と思ったら,どうも今日は「黄砂」が舞っていたらしい。夜,弟に言われるまで,全然気づかなかった。。。

定時に父の病院へ。夜勤担当の年輩の看護助手のおばさんは,ガラガラした大声の,気さくで面白い人だ。物言いは乱暴だが,きちんと仕事をするし,いい人だと思う。それでも,父を着替えさせる時,すごく乱暴にベッドでごろごろ転がすようにして着替えさせるので,なんだか見ていて,イヤだな。。。と思う。ゆっくり時間をかけてくれれば,父が自分でできるコトも,「はい,腕こっち!そうそう,違う,こっち!」と言って,叱るようにして着替えさせている。終了した時,父は疲れたのか,もう声も出ない。

人間を相手にしている仕事だというコトを,なんだか少し忘れているような看護助手さんだ。歳とった患者さんが多くて大変なのはわかるが,次々とスピーディにオムツを替えて,布団に寝かせて「一丁上がり!」というのは,どうなのだろう。

でも,そう思うだけで,何も言えないのが悔しい。ワタシにはたった1人の大事な親でも,看護師さんたちにしたら,たくさんいる患者のなかの1人だからなぁ。


数日前から,窓際から風が入って寒い,と父が訴える。もう4月なのに。でも,暖かくなってきて,院内の暖房が切られるコトが多いから,冷え性で痩せている父には,少し寒いのかもしれない。

その乱暴な看護助手さんに相談したら,薄手の布団を1枚,持ってきてくれた。「やっぱり布団はいい」と父が言っていたのだが,「まぁそう言わんと。寒かったら寝られへんやろ?」と大声で笑いながら,さっさと父を2枚の布団でくるんでしまった。どうなのかな?と思っていたら,父は,「これ,布団2枚なの?暖かくてちょうどいいや」と,ご満悦。もっと早くに頼んでみればヨカッタね。とりあえず,寒さは解消で安心だ。

帰宅。

今日,病院でMRIを撮ってきた母の話。ぎっくり腰ではなく,数年前にやって,完治したはずの腰椎の「圧迫骨折」が再発。同じところがまた圧迫骨折で穴が開いていて,さらに別の箇所も1箇所,そうなっているらしい。コルセットで固定して,固まるのを待つしかない。ひどければ手術だが,神経がたくさん通っている場所なため,リスクも多いという。可哀相だが,しかたがない。

「あまり色々考えず,とりあえず安静にして,固まるのを待つしかないなぁ」と話す。当分,父の面会どころか,歩いて買い物にも行けそうにない母。つくづく,自分が車の免許を持っていないコトを悔やむ。

夜,チョーヤの梅酒の,小さいカップを買ってきた。下戸のクセに寝酒がわり。眠れるかな。。。
[PR]
by rompop | 2007-04-03 10:01 | ホスピタル


<< 2007・4・3 ぶちキレそう... 2007・4・1 昼寝タイム。 >>