2007・1・28 スプーン。

10時頃まで寝ていた。だいぶ身体も楽だなぁ。つくづく「休養」って大事だな,と思う。母の血圧の具合もよいので,急遽,母と一緒にタクシーで病院へ行くコトになった。2時頃に病室に到着。

父の爪切りをしたり,熱い手拭いで足を拭いてやったりして,1時間半ぐらいして帰ろうかと思う。今日の父は,元気は元気だが,頭のほうがぼんやりしているようだ。少しおかしなコトをいくつか言い,母もワタシも不安になった。

帰り際に,父の銀のスプーンがないコトにきづく。どうやら,看護師さんが食器を下げるときに,一緒に持っていってしまったらしい。スプーンだけでなく,歯磨き用のマグカップも。

結局,スプーンは出てこなかった。病院の売店でスプーンを買い,母を下に待たせておいて,病室に戻る。

すぐに下へ戻るつもりだったが,父がちょうど,大量にオシッコをして,オムツばかりか下のシーツまで濡らしてしまったところだった。あわてて看護師さんを呼びに行く。

可愛い顔をしているが,愛想が悪くて荒っぽい看護師さんが,シーツ交換をし,濡れた父のパジャマを乱暴に着替えさせるところをずっと見ていた。悔しいけど,何も言えず。

疲れ果てた父を残して,ロビーへ戻る。母もあまり疲れさせるわけにはいかない。


父のコトが気にかかる。母は母で,「ちょっと厳しいコトを言いすぎただろうか」と気にやんでいる。早く良くなって欲しいから,ついつい,厳しいコトを言ってしまう。父のためを思えばこそ,なのだが。
[PR]
by rompop | 2007-01-29 11:01 | ホスピタル


<< 2007・1・30 変更。 2007・1・26 転院が,決まる。 >>