2007・1・25 「雄叫び」オジさんが,隣に!?

いやぁ,医者からもらったこの風邪薬,おそろしく眠くなる。昨夜は10時過ぎに布団に入り,すぐに寝てしまった。朝までぐっすりだ。おかげで,今朝はだいぶ楽になった。

朝食は,餅を2個,オーブントースターで焼いて,醤油を少しつけ,プロセスチーズを乗せて海苔でくるんで食べる。ミカン。

電車のなかでも,爆睡。アッと言うまに終点だ。


今日もタクシー往復で病院へ行った。なんと,あの「雄叫び」オジさんが,父の隣のベッドに移動している!具合の悪かったオジさんは,どこか個室へでも移ったらしい。隣であんなに叫ばれたら,たまったもんじゃないなぁ。。。迷惑だけど,「迷惑」と言えないのが大部屋のツライところ。

父はいつもとそう変わらず,とくに具合の悪そうなところもなかった。「夜,あまり眠れないので睡眠薬が欲しい」と何度も言うので,「自分で看護婦さんに言ってみたら」と言う。

夕食のあと看護師さんがやってきたので,父は「睡眠薬くれませんか」と言った。看護師さんは「あら,もう飲みますか?まだ時間が早いからもう少しあとにしましょう」と答えた。ワタシはビックリして「あれ!?睡眠薬飲んでますか?」と聞くと「はい,毎晩,寝る前に飲んでもらってます」とのコト。「あまり眠れないというんですが・・・」と言うと,「ええと・・・そんな風にも見えませんが・・・」。

「パパ,睡眠薬飲んでるって。だからちゃんと寝れてるよ」と言うと,父は心もとなさそうに「そうかなぁ」と言う。でもきっと,眠れない気がしているだけで,普通に寝ているのだと思う。安心したような,参ったような。

今日は病室でも終始マスクをしていた。父に風邪を移しては大変だから。父が,ワタシが父の本棚から探して持っていった,古い「サライ」という雑誌を,老眼鏡をかけて熱心に読み出したので,「風邪でしんどいから,もう帰るわ」と言って,30分ほどで帰るコトにした。いつものように,「ほんじゃあ,また」と,がっちりと握手をかわして。

帰宅。そろそろ風邪薬が胃にきたか。なんとなく,気持ちが悪い。

夕食は,アジの南蛮漬け,揚げとネギの味噌汁,野菜がいっぱいのおから。おからが美味しくて,胃の具合が悪いのに,2杯もおかわりしてしまった。

10時半に就寝。
[PR]
by rompop | 2007-01-25 14:58 | ホスピタル


<< 2007・1・26 転院が,決まる。 2007・1・24 ヤバイ,感じ。 >>