2007・1・23 雄叫び。

昨日の夜飲んだ栄養ドリンクは,ちょっと効いたらしい。ずいぶん楽になった。今日も買って帰ろうか。今は少しだけ,鼻にきているが,じきに治るだろう。


定時を少しだけ過ぎて,事務所を出る。今日はJR大阪経由で病院へ。

父は4人部屋だが,同室の患者さんたちは,みな,具合が悪くなっている。隣のオジさんは,もう何日も食事を取れずに点滴をたくさんして,「痛い痛い」としょっちゅう言い,奥さんがずっと付き添っている。斜め向かいのベッドのおじいさんは,これもどこか痛いらしく,しょっちゅう大声でわめいている。少し認知症が入っているようで,付き添いの奥さんが「大声を出したらアカン」と言っても,「はい」と返事をした次の瞬間に,大声で叫ぶ。もう1人の,この部屋で唯一歩ける患者さんも,熱などがあるようで,ベッドに寝たきり。

父は,あいかわらず自力では歩けず,膝も痛いそうだが,熱もなく,食欲も普通にある。点滴も尿の管も今はない。

徹底的に刻んであるため,元が何かよくわからない夕食を「不味い」と言いながらも,8割方たいらげた。「不味くても自分の口から食事ができるだけ,パパはマシやねんで」と言い聞かせる。

それでも,5分おきぐらいに,大声で雄叫びをあげるおじいさんに,ほとほとうんざりしているようで,父はそのたびに顔をしかめる。病院の大部屋なのだから,我慢するしかない。容態は人によっても,日によっても変わるから,「お互い様」の精神であきらめなければ。

それでも,「病人がよくあんな大声が出せるもんだ」と感心するぐらいの大声だ。夜もあれをやられては,同室の患者は,みな睡眠不足になるだろう。「おじいさんは具合が悪いんやから,我慢せなしゃあないなぁ。」と,父の耳元でこそこそ話す。

「風邪なら早く帰ってくれていい」と父が言うので,7時半に病室を出た。ホッとした。ワタシの風邪も,治りそうで治らない。困ったもんだ。


風呂のあと,今日も1680円のドリンクを買ってきたので,お湯にとかして飲んで寝る。
[PR]
by rompop | 2007-01-23 16:59 | ホスピタル


<< 2007・1・24 ヤバイ,感じ。 2007・1・22 尿器が,間... >>