2006・12・23 休日。

弟が「ゆっくり休めば」と言ってくれたので,お言葉に甘えての休日。

昨夜,風邪薬と,栄養ドリンク(1本千円)を飲んだおかげで,わりと深く眠れたような気がする。何度か目を覚ましながらも,昼まで眠った。

弟はもう,父の病院へ出かけたあと。

布団から這い出し,階下へ。母は退屈そうに,こたつにもぐりこんでいた。


部屋をざっと片づけて掃除機をかけ,手洗いしたいニット類などを洗って,干す。

あひるごはんは,キムチチャーハンを作って食べた。


弟は,昼の1時間ぐらいしか病院にいないから,ワタシが夜に行かないと,父の一日はとても退屈なものになるだろう。父には気の毒だが,ワタシも週に一度ぐらい,ゆっくりしなければ,身体も気持ちも保たない気がする。長丁場になるのだから,自分の健康管理は,大事だ。


午後はひたすら,のんびりした。久しぶりに,録画した番組を見ながら,ゴロゴロして過ごした。


2時半頃,弟が帰宅。「パパ,どうやった?」と聞くと,「熱,下がったみたい」とのコト。「あとは,普通にしてた」と。


クリスマスなので,と,小さなチョコレートのロールケーキを,弟が買って来た。三等分して,食べる。小さいけど,ちゃんとサンタの顔のチョコレートの飾りがついている。そういえば,明日はクリスマス・イブなのか。今のワタシには,どうだってイイことだ。


夕食は,『王将』の餃子,大根と揚げの煮物,そして,これもお友だちが送ってくれた,「ウコッケイ」のスープ。昨日,手作りのおかずを送ってくれたお友だちが,少し前に送ってくれたもの。弟が,ネギのみじん切りととき卵を落として調理した。とてもアッサリとしていて,でも鶏の旨味もあり,美味しかった。身体に良さそうなカンジだ。。。


食後,母を部屋にさそって,録画していた『Dr。コトー』の最終回を見る。体調が悪かったので,母は毎週楽しみにしていたこの番組の最終回を,見なかったのだ。

京都に住む,伯母(母の姉)から電話。明日,見舞いにやってくる,という。母も体調が安定しておらず,父もまだ,見舞いにきてもらえるような状態ではないのに,母が遠まわしに断っても,行くといって,聞かないらしい。

結局,相手の立場よりも,「年内中に,自分が見舞いにいっておきたい」という,自分の感情優先なのだ。無理にやってきて,あれこれ尋ねられ,また母の体調が悪くなったら,と思うと,腹がたってしかたないが,むげに断るのもカドが立つので,あきらめた。父だって,今,こんな状態で,親戚に会いたいわけないだろうに。

人とのつきあいって,難しいな,と思う。相手だって,決して悪気があるわけじゃないけど,でも,やっぱり同じような立場にならないと,相手の気持ちって,なかなかわからないものなんだな,と思う。


まだ少し頭痛がするので,夜も風邪薬を飲んだ。日付が変わる前に,布団に入るとしよう。
[PR]
by rompop | 2006-12-23 23:32


<< 2006・12・24 見舞い客。 2006・12・22 忙しい日。 >>