2006・9・6 灯ともし頃。

冷たい雨の1日。


昨日は残業のあと
少し疲れて,灯ともし頃の街へ出た。

中之島のオフィスビル街を抜けて
JR大阪駅へ向かって,四ツ橋筋をまっすぐ北へ歩く。

道路を埋めつくす,タクシーの赤いテイルランプ。
街灯や店先に灯るネオン。
これから夜に向かう街は,たくさんの灯りでキラキラしている。

仕事帰りの,サラリーマンに混じって,
アスファルトの歩道をゆっくり歩く。
イヤフォンからは,大好きな吉田美奈子。
美奈子のバラードは,この時間のこの街の風景に,よく似合う。

歩いている人たちはみんな,
朝のラッシュアワーの殺伐とした顔ではなくて,
どこか,ほわんと,ゆるんだ表情をしている。
あとは我が家へ帰るだけ。
家(うち)は,いいなぁ。。。
一刻も早く,帰りたい。
12時間後には,またここに,来なくちゃならないとしても。




いつも,今の自分は「こうなりたかった自分」ではなかったから,
「今の自分は仮の姿だ」と,思っていた。
そのうち「なりたかった自分」になるんだ,と
負け惜しみのように,いまだにそう思ったりする。


けれど。

『環境が人を創る』

これもどうやら,真実らしい。
「なりたい自分」がもしあるなら,そうなるべき環境に身を置くコトだ。
望みはわずかでも,意地になって,石にかじりついてでも。
それしきの根性も出せないようでは,多分,何も変わらない。

気づいたらワタシは,この街にマッチしていた。
少し疲れてゆるんだ顔をした,昨夜のワタシは
イヤになるぐらい,もうぴったりと
夕暮れのオフィス街にマッチしていた。
なんの違和感もなく,もう風景の一部のようだった,と思う。
ここでワタシは,毎日,現実に生きてるんだよなぁ,と感じた。


さあ。どうする,ワタシ?




朝食 ロースハムとレタスのトースト,ミルク(黒ごま・黄粉入り)。
昼食 弁当(カレーチャーハン・オムレツ乗せ,五目煮豆,プチトマト,オレンジ,味噌汁)。
夕食 焼き魚(塩サバ),小松菜と揚げのお汁,カニとキュウリの酢の物,切干大根の煮物,大根のぬか漬け。
[PR]
by rompop | 2006-09-06 18:40


<< 2006・9・17 伊良湖のほとり。 2006・8・12 『あわれ彼... >>