見舞い。

10時に起きて,朝食は,チクワの卵とじ,もやしとニラの炒め物,梅干と,ご飯。

父に持って行ってやるウォークマンのイヤホンの,「イヤーパッド」を買いに,自転車でコーナンへ。乾電池と,ビデオテープを買って,ペットショップの犬をチラとだけ見て,いそいで帰る。

1時にタクシーを呼び,今日は母と,病院へ。

休日の病院は,外来患者がいない分,シンとしている。正面玄関は閉まっていたので,救急外来の入り口から中へ入る。

父は,ベッドに横になって,『週刊朝日』を読んでいた。母の顔を見ると,やはり嬉しそうな顔になる。頼まれて持っていったクラシックのCDと,カセットテープ。父は,クラシックが好きで,いつも聴いている。CDウォークマンと,カセットウォークマンを両方持ってきたが,操作ボタンが小さく,英語で書かれているため,少し難しそうだ。しかし,病室にステレオはないから,これで聴くしかない。説明書を見せながら,最低限の操作だけ,説明する。わかったような,わからないような。大丈夫かな。「暇なんだから,ゆっくり説明書みながら,やってみれば」と,母は楽天的だ。

隣のベッドに寝ている,陰気な感じの若い男性のもとに,奥さんらしき女性がやってきた。怒鳴りつけるような大声で,ぽんぽんと物を言い,「明日は来ませんからね!わかった?」と,吐き棄てるように言って,洗濯物だけ持って,すぐに帰ってしまった。男性は,「ああ」とか「うう」とか,返事をしているだけだった。怖い。この男性は,いつも憂鬱そうな,陰気な顔つきをしているが,奥さんがあんなだったら,無理もないかもしれない。早く治して,家に帰りたい,と素直に思えないだろう。

しばらくして,母が「そろそろ失礼しよか」と言うので,帰るコトにした。父はまた,玄関まで見送りに来て,ワタシたちが見えなくなるまで,手を振っていた。

駅の下のスーパーで,ステーキ肉,かき揚げ,レトルトのカレー,などを買う。

帰りはタクシーではなく,電車に乗った。4月に骨折して以来,母は,初めて電車に乗った。ホームまでは,エレベーターで。ワタシたちの住む駅は,隣の駅だが,駅前ではタクシーが拾えないので,1つ向こうの駅まで行って電車を降り,駅前のロータリーから,タクシーに乗った。そうすると,ずいぶん,タクシー代が安くあがるのだ。エレベーターのついていない駅の階段を,歩いて下りなければならないが,手すりにつかまりながら,母は,ゆっくりと下りた。

タクシーに乗る前,駅前のパン屋で,パンを3つ。そして,雑貨屋の店先にあった,特価のカートを母は買った。黒いシンプルなものだが,値段は1,000円。これで,スーパーへ行き,買ったモノを入れて,引いてくるコトができる。

帰宅。

曽我さん一家来日のニュースを見ながら,うとうとと眠ってしまった。

夕食は,ブラックペッパーがたっぷりのステーキ,しし唐の醤油炒め,ゴーヤとツナのマヨネーズ和え,ナスの味噌汁,レタス。

8時からは,母と一緒に『新撰組』を見て,15分でシャワーを浴び,9時からは『逃亡者』。ハリソン・フォードが主演した,この映画,大好きだった。
[PR]
by rompop | 2004-07-18 18:25 | ホスピタル


<< 父を,送る。 膝が,痛い。 >>